製菓学科

Department of Confectionery Arts

製菓衛生師コース

製菓衛生師を目指す

国家資格「製菓衛生師」の取得を目指すコースです。2年次秋の国家試験受験に向けて、1年次春学期より製菓理論や公衆衛生について学んでいきます。教室での講義が中心となり、製菓衛生師試験に必要な知識を身につけます。
受験後の2年次秋学期には、実習などの授業も多く履修することができます。

「製菓衛生師」とは

1.厚生労働省が定める国家資格
2.深い知識を証明できるので、就職に有利
3.信頼の厚い資格で、独立・開業にも有益

菓子製造に携わるためには、お菓子を美味しく美しく作る技術だけでなく、安全性や衛生面の管理への知識も重要になります。それらの能力や知識を持っていることを証明するのが、製菓衛生師という資格です。信頼の証であるこの資格を取得することは、就職先の幅を拡げられるだけでなく、将来菓子店を開業する際にも有益です。本コースでは、製菓衛生師として必要な知識を身につけることによって、製菓衛生師試験の受験資格を取得し、2年次秋の受験を目指します。

製菓衛生師コースの流れ

1年次
通年

製菓の理論や公衆衛生、食品衛生などについて基礎からしっかりと学びます。長期休暇中の集中講義など、サポート体制も万全です。

2年次
春夏

さらに専門的に理解を深めていきます。国家試験対策問題を用いて、学生一人ひとりのレベルに応じたきめ細かな指導も行います。

国家試験受験
合格

選択科目から多彩な実習を履修することができます。和菓子、洋菓子、パンなど、経験豊富な教員の下で技能を磨きます。

卒業・就職
製菓衛生師に

【想定される進路】
食品会社、パティシエ、和菓子職人、菓子店経営者など

カリキュラム

製菓衛生師国家試験受験資格を取得し、
卒業までに必要な単位数
71単位
基礎教育科目

基礎教育科目は、高校から短大の学びへとスムーズに移行し、将来の進路へつなげるキャリア形成科目と、社会人に求められる知識や思考を身につけるための教養科目から構成されています。

基礎教育科目について
専門教育科目
  • [ ]の数字は単位数
  • は必修科目
  • ★製菓衛生師国家試験受験資格を取得する者は必修
製菓の知識 1年次 食品衛生学Ⅰ[2]
★食品衛生学Ⅱ[2]
公衆衛生学Ⅰ[2]
栄養学[2]
製菓理論総論Ⅰ[2]
製菓理論各論Ⅰ(洋菓子)[2]
製菓理論各論Ⅱ(和菓子)[2]
製菓理論各論Ⅲ(製パン)[2]
★食品学[2]
2年次 衛生法規[2]
製菓の技能 1年次 基礎実習Ⅰ(洋菓子)[2]
基礎実習Ⅱ(和菓子)[2]
基礎実習Ⅲ(製パン)[2]
★基礎実習Ⅳ(総合)[1]
専門実習Ⅰ(洋菓子)[3]
専門実習Ⅱ(和菓子)[3]
2年次 専門実習Ⅲ(製パン)[2]
★専門実習Ⅳ(総合)[1]
応用実習Ⅰ(洋菓子)[2]
応用実習Ⅱ(和菓子)[2]
応用実習Ⅲ(洋菓子)[3]
応用実習Ⅳ(和菓子)[3]
製菓の広域 1年次 ラッピング実習[1]
★社会Ⅰ[2]
カラーコーディネート論[2]
2年次 販売実践[2]
カフェ実習[2]
シュガークラフト実習[2]
日本の技[1]
製菓フランス語 [1]
★社会Ⅱ[2]
ディスプレイ実習[1]
製菓衛生師 1年次 ★公衆衛生学Ⅱ[2]
★食品衛生学Ⅲ[2]
★食品衛生学Ⅴ(実験・実習)[1]
2年次 ★栄養学各論[2]
★公衆衛生学Ⅲ[2]
★食品学各論[2]
★食品衛生学Ⅳ[2]
★製菓理論総論Ⅱ[2]
セミナー 1年次 -
2年次 製菓学セミナーⅠ[1]
製菓学セミナーⅡ[1]
短期大学共通科目

専門教育科目の1つとして、学科の枠を越えて履修できます。サービス接遇検定や秘書検定、簿記検定など、社会に出て役立つ資格の取得につなげることができます。

短期大学共通科目について
自由選択科目

所属学科の科目、他学科の開放科目、目白大学(人間学部・社会学部・経営学部・外国語学部)の基礎教育科目(フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、インドネシア語)と単位互換科目、放送大学の単位互換科目から、必要な知識や技能に合わせて自由に選択することができます。

シラバスはこちら