新着情報

  • 目白大学短期大学部
  • 大学からのお知らせ
  • イベントは終了しました
  • Tags : 学園トップ, 生活科学科, 短期大学部トップ, 製菓学科

「平成29年度 目白大学短期大学部公開講座」を開催しました

デモンストレーション
デモンストレーションの様子

9月16日(土)、12月2日(土)の全2回の日程で、「平成29年度 目白大学短期大学部公開講座」が開催されました。
今年度の講座は、毎年参加者の皆さまから好評を得ている実習形式で実施され、第1回が製菓学科による「バスク地方の伝統菓子『ガトー・バスク』とバラの花のマジパン細工」、第2回が生活科学科による「ホームパーティーを彩るクリスマスメニュー」で、どちらも申し込み者が定員を上回る人気でした。受講者アンケートでは、「毎年楽しみにしています」「来年も必ず受講します」と嬉しいコメントも。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

今回は、12月2日(土)に開催された生活科学科「ホームパーティーを彩るクリスマスメニュー」の様子を一部ご紹介します。講師には、生活科学科専門科目「カフェマネジメント」「調理実習Ⅱ」などを担当している白井智子非常勤講師を迎え、近隣地域の方など19名の参加者がローストビーフサラダに挑戦しました。デモンストレーションでは、パリの三ツ星レストランでシェフドパルティ(部門シェフ)として活躍された白井講師が、ローストビーフの焼き方、マッシュポテトの作り方などを分かりやすく説明すると、身を乗り出してご覧になる方もいらっしゃいました。レストランでの経験なども交えながらお話しされていたので、お料理以外のお話もいろいろ聞けて、楽しみながら知識も増やすことができました。 グループごとの実習では、白井講師のように、手際よく進まない場面もありましたが、同じグループの方と協力しながらみなさん無事に完成させることができました。

  • レストランでの体験談
    パリのレストランでの体験談を話す白井講師
  • ローストビーフサラダ
    完成したローストビーフサラダ