環境宣言

 目白学園は、地球環境と低炭素社会への貢献のために、ここに「目白学園環境宣言」を公にし、全学的な取り組みを推進します。

基本理念

 地球環境の保全と環境負荷の低減を図り地球環境問題を解決することは、いまや人類共通の最重要課題の一つとなっています。そしてそのために、循環型社会と低炭素社会を構築し持続可能な社会を実現することが、21世紀的課題として要請されています。
 私たち目白学園は、こうした地球規模の人類的課題に対して、積極的に貢献すべき社会的責務が存することを認識するとともに、その教育研究をはじめとするあらゆる活動を通じて、また教職員と学生・生徒による全学を挙げた取り組みとして、地球環境問題の解決と持続可能な社会の実現に向けて貢献することを志向します。そしてそのために、「目白学園環境行動計画」を掲げて、学園全体の主体的・自覚的な活動や取り組みを組織的・計画的に推進することを目指します。

基本方針

 目白学園は、地球環境問題の解決と持続可能な社会の実現に向けた取り組みを、以下の基本方針に基づいて推進します。

  1. キャンパス内の自然を保護し、地球環境に配慮したエコキャンパス作りに努めます。
  2. 低炭素社会と循環型社会の実現のため、学園の施設・設備面の環境整備とともに、環境意識向上の啓発活動に取り組みます。
  3. 教育研究をはじめとするあらゆる活動において、省資源・省エネルギーに取り組み、廃棄物の減量化・リサイクルに努めます。
  4. 環境教育の開発拡充を推進するとともに、環境マインドを持った人材を育成します。
  5. 環境分野での地域社会との連携を図り、学園周辺の環境保全・改善に取り組みます。
  6. 教育研究をはじめとするあらゆる活動において、環境関連の法規制等を遵守します。
  7. 環境負荷低減のため、環境に係わる全活動を自己点検評価し継続的改善に努めます。