ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針について

国際交流研究科

国際交流専攻
  1. 国際交流に関連する実際的諸課題について、人文・社会科学の専門的知識を創造的に再構築しながら分析・解明することができる。
  2. 国際交流に関連する実際的諸課題に対して、学際的・複眼的な視点から高い教養と広い視野を持ってアプローチすることができる。
  3. 国際交流に関連する実際的諸課題の解決に向けて、国際社会の一員として自覚的に行動し、実践的に社会に貢献することができる。

心理学研究科

心理学研究科全体

人や社会における諸問題に対して心理学的方法論に基づいたアプローチによって探求し、将来において研究者かつ実践者として貢献できる。

現代心理学専攻
  1. 心理学に関する広く深い理解と科学的研究法に基づいた専門的能力を修得し、研究と論文執筆が可能な力をつけている。
  2. 社会で自立した研究者や高度な専門職としてやっていくために基本となる力をつけている。
  3. 修得した専門性と、人や社会に関する豊かな教養に基づいて、他の専門職と協働して社会に貢献するマインドが身についている。
臨床心理学専攻
  1. 教育・医療・福祉・司法・産業などのさまざまな分野における社会的要請に応えるための確かな技術と豊かな人間性を備え、個人に対する臨床心理学的援助はもとより、地域社会への支援を柔軟に行える。
  2. 実務家としての実践のみならず社会に貢献できるような研究を行うことができる。
心理学専攻 博士後期課程

心理学研究科の所定の単位を修得して、心理学の発展に寄与する独創性と新奇性を有する博士論文を提出し、その最終審査に合格すること。

経営学研究科

経営学専攻

経営学、会計学、マーケティングを中心とした幅広くかつ深い知識を備え、マネジメント感覚を有する高度専門職業人としての優れた能力を身につけている。
なお、修士論文あるいは特定課題研究論文は、幅広い学識と専攻分野における研究能力、高度専門職業人としての卓越した能力が示されたものであること。

経営学専攻 博士後期課程
  1. 高度専門職業人として経営に係わる業務に従事するために必要な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を身につけている。
  2. 研究者として自立できるだけの学識と研究能力を身に付けている。
    なお、博士論文は、広範囲の学識と専攻分野における先行研究の十分な検討、独創性、論理性等を備え、研究者としての高い能力が示されたものであること。

生涯福祉研究科

生涯福祉専攻
  1. 福祉領域の研究者と福祉・発達支援領域のリーダーを養成
    (1)幼児期の保育・発達支援から高齢者支援に至る生涯福祉領域で多様な観点から研究する、あるいは更に博士課程を目指す人材を育てる。
    (2)福祉および幼児教育の現場で高度な専門的知識を備えて実践するとともにリーダーとして指導できる人材を育てる。
    (3)留学生においては母国で福祉領域の指導者や実践者になれる人材を育成する。
  2. 発達領域受験資格や専修免許の取得
    (1)指定の科目を履修することで、臨床発達心理士受験資格、幼稚園専修免許を取得できる。
  3. 社会福祉学や保育学の修士号の取得
    (1)修士論文を作成、修士論文発表会(最終試験)に合格することで、社会福祉学修士あるいは保育学修士が授与される。

言語文化研究科

言語文化研究科全体
  1. 専攻に関わる言語の高度な運用能力
  2. 英語文化圏または東アジア文化圏の言語と文化に関する幅広い知識と教養
  3. 各言語文化分野の高度な専門的知識と学問的実践力

以上の能力や知識(「言語文化学修成果」と言う。)を相当程度獲得できたと認められる者に、修士(英語学)、修士(日本語学)、修士(中国言語文化)、または修士(韓国言語文化)の学位を授与する。

英語・英語教育専攻
  1. 高度な英語コミュニケーション能力
  2. 英語文化圏の言語と文化に関する幅広い知識と教養
  3. 英語教育学、英語学及び英米文化分野の高度な専門的知識と学問的実践力

以上の能力や知識(「英語学修成果」と言う。)を相当程度獲得できたと認められる者に、修士(英語学)の学位を授与することとする。

日本語・日本語教育専攻
  1. 高度な日本語運用能力
  2. 東アジア文化圏の言語と文化に関する幅広い知識と教養
  3. 日本語学及び日本語教育学分野の高度な専門的知識と学問的実践力

以上の能力や知識(「日本語学修成果」と言う。)を相当程度獲得できたと認められる者に、修士(日本語学)の学位を授与することとする。

中国・韓国言語文化専攻
  1. 中国語または韓国語の高度な運用能力
  2. 東アジア文化圏の言語と文化に関する幅広い知識と教養
  3. 中国語圏または韓国語圏の言語と文化に関する高度な専門的知識と学問的実践力

以上の能力や知識(「中・韓国語学修成果」と言う。)を相当程度獲得できたと認められる者に、修士(中国言語文化)または修士(韓国言語文化)の学位を授与することとする。

看護学研究科

看護学専攻
  1. 看護学の高度専門知識を修得し、看護実践の向上及び開発についての課題を発見できる。
  2. 課題解決のための科学的思考と研究方法を理解し、論文を作成することができる。
  3. 多職種連携の場で看護のリーダーシップを発揮し発信ができる。
    <専攻する分野の教育目標に従い>
  4. 高い倫理観をもち、看護のマネジメント及びキャリア形成に関する専門的知識を修得している。
  5. 地域の保健医療とヘルスプロモーションをリードし協働するための専門的知識を修得している。
  6. 女性と家族の健康を支援するための専門的知識を修得している。

リハビリテーション学研究科

リハビリテーション学専攻
  1. 各分野の臨床実践から生まれた問題意識を研究の視点で捉えなおし、高度の情報処理能力と適切な研究手法を用いて研究をまとめることができる。
  2. 地域での包括的支援システムの推進者や健康増進の指導者となるなど、リハビリテーション学領域の発展的課題に意欲的に取り組み、職種間の連携と協力をすることができる。
  3. 高度の専門性と研究の視点を備えた責任ある専門職者として、リハビリテーション学の発展に寄与することができる。