学長メッセージ

新たな実践知の創造に挑戦する大学院

目白大学学長
佐藤 郡衛 SATO, Gunei

いま、グローバル社会にむけて大学院がどのような機能を担うべきかが問われています。より複雑で流動的な新しい知の創造が求められているためです。大学院は、研究・開発能力を持った研究者、教育能力と研究能力を兼ね備えた大学教員から、専門知識や能力を持った職業人、さらには知的な素養を持つ教養ある人材に至るまで、養成すべき人材は多岐にわたっています。

目白大学は、こうした社会的な期待に応えるべく、「国際交流」「心理」「経営」「生涯福祉」「言語文化」「看護」「リハビリテーション」の7研究科12専攻を設置しています。いずれの研究科もこれまでの学問や研究の枠組みを基礎にしつつ、既存の境界を越えた学びを追究しています。本学の大学院は、現実や実践を踏まえた新しい実践知の創造を目指しています。このサイトから、そんな本学の息吹の一端でも汲み取っていただければ幸いです。