長期履修制度について

長期履修制度とは?

仕事を持ち働いている社会人の方や、育児・介護などをされている方が、通常の修了年限を延長して大学院での学びを無理なく実現できる制度です。たとえば仕事などの都合で修士課程では2年、博士後期課程では3年で修了することが困難であると最初から予想できる場合、出願時に申請し、承認されれば修士で最大4年、博士で最大6年まで学ぶことができます。また在学中に期間を短縮して、通常の履修期間に戻すことも可能です。

学納金は修士課程2年分、博士後期課程3年分の総額を在籍年数で割った額となるので、長期在籍により学納金が余計にかかることはありません。

長期履修による授業料等年額通常の授業料等年額 × 標準修業年数 ÷ 設定した長期履修年数

例:看護学研究科において3年の長期履修が認められた場合の授業料等年額
(授業料69万5000円 +施設設備費22万円)×2年÷3年=61万円〔通常は91万5000円〕

申請方法

長期履修制度の利用を希望する方は、出願時に所定の様式を用いて申請してください。詳細は長期履修制度に関する要項でご確認ください。
※留学生の方はこの制度を利用できません。

長期履修制度に関する要項

お問い合せ先:入学センター TEL 03-3952-5115 
Mail colkoho@mejiro.ac.jp