経営学研究科

Business Administration
新宿キャンパス

経営学研究科 専攻構成

研究科長メッセージ

経営実務をリードしたい方へ

経営学研究科長 平林 隆一

目白大学大学院経営学研究科経営学専攻は、会計学と経営学に関する教育研究を目的とする修士課程と経営組織論、経営戦略論、経営工学、オペレーションズ・リサーチ、経営経済学、経営統計学、会計学(会計理論または原価計算)、管理会計学、マーケティングのいずれかを専攻する博士後期課程から構成されています。この研究科の基本的な教育・研究方針は、科学的方法に基づくことであり、とりわけ数量的・実証的アプローチ を重視することにあります。
このアプローチに基づき修士課程の会計学分野では、税理士、計数管理能力を備えた経営コンサルタント、企業内会計専門職、公認会計士などになる人材を育成することを、また経営学分野では、組織論、人的資源管理、マーケティング、経営財務、ファイナンスなどを専攻した上中級経営管理者となりうる人材を育成することを主たる目的としています。本研究科修士課程は、特に社会人の再教育を主な目的としているので、昼夜開講方式を採用しつつも、主要な授業科目は夜間に置かれており、第1年次には週2~3日、第2年次には週2日程度で修了できるように時間割が編成されています。各授業科目には再入門部分を含みます。近年、税理士試験科目の免除措置を目指す院生を多数受け入れており、会計学と税法の基礎理論の再入門から最先端の研究まで院生のレベルに即したきめ細かい教育を展開し、税理士となりうる人材の育成に力を入れています。
博士後期課程は、大学、研究所などで活躍しうる豊かな創造性と高度の研究能力を備えた人材を育成することを目的としており、国内外を問わず学会で発表されている論文等を講義の中に採り入れ、また院生には主要学会での研究報告と学会誌への論文掲載を目標として研究指導を行っています。