言語文化研究科

英語・英語教育専攻 修士課程

Master's Program in English and English Language Education 新宿キャンパス

カリキュラム

取得できる学位

修士(英語学)

授業科目の概要(2016年度実施内容。2017年度には一部変更の可能性があります)

「研究科共通科目」「専攻科目 英語文化」「専攻科目 英語教育」「専攻科目 臨地研究」から科目を履修します。修了要件については、修士論文作成は30単位以上の修得と修士論文の作成、研究報告書作成を選択する場合は32単位以上の修得と研究報告書の作成が必要です。
主として「英語教育」分野を研究する場合は、英語学習教材開発や授業で行った実践活動についての調査結果などをまとめた研究報告書の作成をもって修士論文に代えることができます。

各科目の概要は科目名をクリックしてご確認ください。

★印は専修免許状取得該当科目。#印は専修免許状取得のための必修科目。専修免許状を取得する場合は★印の中から、必修(#印)4単位を含む24単位以上を履修すること。
●印は2016年度は開講せず

研究科共通科目

研究科共通科目の中から、6単位以上履修すること。

科目名 単位数 配当年次
必修 選択
言語習得論★   2 1・2
担当:相羽 千州子

第二言語習得に関する諸理論、学習者の傾向などに対する知識・理解を深める。特に外国語としての英語(または他の言語)習得・教授の問題点に焦点を当て、議論をしながら、より良い教授のあり方を考える。

語用論★   2 1・2
担当:時本 真吾

言語使用上の規則性を考察する語用論(Pragmatics)の最新知見を議論する。コミュニケーション総体における言語の位置、指示、発話文の意味と話者の意図、発話の丁寧さ、発話理解における推論の働きなどを学ぶ。

音声学特論   2 1・2
担当:石原 健 (日本語・日本語教育専攻所属)

さまざまな音声現象を先行研究の成果と併せて検証し、受講者それぞれが母語、もしくは専攻外国語のデータを分析し、言語音声の個別言語的な特徴と普遍的な性質を考察する。

対照言語学特論   2 1・2
担当:時本 真吾

日本語を対象言語の中心にして、英語・中国語・韓国語などを取り上げながら、言語の共通性と個別的特徴の理解を深め、言語教育の実際の場面に役立たせることを意図する。

言語統計論   2 1・2
担当:時本 真吾

実験を利用した言語研究に必要な計画法・測定法・統計解析の基本的な事項について理解し、言語学上のさまざまな問題に実験的に取り組む方法を考察する。

国際理解特論   2 1・2
担当:多田 孝志

ユネスコの国際理解教育を中心に開発教育、海外子女教育など国際理解に関わる種々の論について概観し、そうした時代における国際理解とは何か、その概念構造について知見を得る。

異文化研究史論   2 1・2
担当:鐙屋 一 (中国・韓国言語文化専攻所属)

文化的社会的「他者性(otherness)」がいかに認知され、知的体系の中に組み込まれてきたか、既成の世界観の修正が求められてきたのかという観点から、異文化研究の歴史を考察する。

政治言語文化論   2 1・2
担当:中前 吾郎

19 世紀以降、欧米列強国による植民地化の脅威にさらされてきたアジア諸国における「近代化」変容とその特徴を政治言語文化の観点から比較検討する。

日本民俗文学論   2 1・2
担当:岩下 均 (日本語・日本語教育専攻所属)

全ての文学作品は、作者という「個性」に基づくものと思われる。しかし、その作者を形成したものは「民俗・風土」であり、「家族関係・人間関係」であろう。この授業では、作品における「民俗論理」を解明し、「日本人」を考究する。

専攻科目

研究科共通科目(選択必修6単位以外)、および他専攻科目並びに他研究科の開放科目から、自由選択としての上限6単位を含め20単位以上選択必修。ただし、研究報告書を選択する場合は、22単位以上を履修すること。

英語文化
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
英語学特論★   2 1・2
担当:山田 宣夫

生成音韻論の基本的な考え方、研究の目的・方法などを学ぶ。Gussenhovenand Jacobs(1998)Understanding Phonology を批判的に読み、一般言語理論の中の音韻理論とこれに基づく英語の音韻部門の主な内容について学習する。

英文法特論★   2 1・2
担当:眞田 亮子

文法指導を扱った英語のテキストを読んだ上で、英語学習者が理解につまずくことの多い文法上の指導項目について討議し、問題点を取り上げる。それらについてどのような指導が望ましいかを各自で検討し、発表し、意見を出し合う形で進めていきたい。

英米文化特論★   2 1・2
担当:植村 泰三/岡島 慶

ことばは文化、それを使用する土地や人々の生活・習慣・考え方などを反映している。本講義では、生活・習慣・考え方の具体例を検討しながら、現在世界に強い影響を与えている英米文化の本質を理解することを目指す。

アメリカ文学特論★   2 1・2
担当:岡島 慶

本講義では、Toni Morrisonの作品を取り上げ、アメリカ社会が根源的に抱える矛盾である人種問題について考察する。特に、オバマ政権誕生以来よく耳にする"post-racial America"というアメリカの自己イメージについて考えてみたい。

イギリス児童文学特論★●   2 1・2
担当:鷲津 名都江

イギリス児童文学の一領域であるNursery Rhymesを取り上げ、読み物としての側面を掘り下げるとともに、より直接的、そして基本的であるはずの、声の文化としての側面についても考察する。(2016年度は開講せず)

Seminar in English Presentation Skills★   2 1・2
担当:Micah Box/ William O'Connor

This course is designed to help students develop English languagepresentation skills and confidence in speaking English in front of anaudience. Students will learn public speaking skills and strategies, and will have many opportunities to speak in front of others.

英語教育
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
英語教育学特論★#   2 1・2
担当:藥師 京子

英語教育の実践にとって理論的基盤を与えてくれる「英語教育学」に関して、理解と洞察を深める。第二言語習得理論から教授法、評価まで英語教育学における主要テーマについて、専門書や論文を読み、議論していく。

早期英語教育学★   2 1・2
担当:相羽 千州子

外国語としての早期英語教育をさまざまな角度から捉え、実践的な授業力を育成する。子どもに英語を教える際に必要になる諸理論、教授法など、実践を交えながら理解を深め、さらに問題点や対応の仕方などに焦点を当てて議論する。

Material Design for English Education★   2 1・2
担当:渡部 祥子/大矢 政徳

英語の運用能力のさまざまな側面を強化するうえで、学習者のモチベーションを高め、実際に使える英語力を身につけさせるためにどのような教材が望ましいかを、多くの実例をもとに論じる。また、受講者は独自の教材を制作し発表する。

英語教授法・授業学研究★#   2 1・2
担当:渡部 祥子

英語教授法の理論、指導技術および教材の特徴について概観するとともに、日本の中学や高等学校の授業への影響と応用について考察する。特にOralMethodとAudiolingualismの現代的意義について考察し、さらに、CommunicativeLanguage Teachingやタスク中心教授法と比較する。

Multimedia and ICT in English Education★●   2 1・2
担当:石原 健 (日本語・日本語教育専攻所属)

マルチメディア・インタラクティブ・情報資源・ユビキタスなどのキーワードに代表されるICTの技術を利用した英語教育・英語学習について考察し、システムの設計・実装を行う。(2016年度は開講せず)

早期英語教育とマザーグース★●   2 1・2
担当:鷲津 名都江

早期英語教育においては、英語の言語リズム感を身につけることが肝要と考えるが、なぜ幼児期に英語の言語リズム感を身につける必要性があるのか、日本語の言語リズムや日本人のリズム感と比較しながら検討する。

発音・イントネーション指導研究★●   2 1・2
担当:広実 義人

発音指導能力を修得するために必要な知識と訓練方法を学び、同時に実践する。また、指導者がこれらの能力を修得した上でどのような指導法を用いれば学習者の発音を最も効率良く改善させることができるか検討する。(2016年度は開講せず)

Seminar in Cross-cultural Communication★   2 1・2
担当:William O'Connor

The course will examine various aspects of sociolinguistics. Variousin-class activities will be assigned to help students better understand theconcepts presented in the lectures and to illustrate how they may beused in the classroom to facilitate language acquisition.

臨地研究
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
臨地研究1(短期)   2 1・2

複数の教員が担当。受講生が個別に研修内容を企画し実施する。実習終了後は研究目的、実習内容、考察に関して、臨地研究報告書を提出する。短期は60 時間、長期は120 時間の研究期間を要する。

臨地研究2(長期)   4 1・2

複数の教員が担当。受講生が個別に研修内容を企画し実施する。実習終了後は研究目的、実習内容、考察に関して、臨地研究報告書を提出する。短期は60 時間、長期は120 時間の研究期間を要する。

研究論文指導演習

科目名 単位数 配当年次
必修 選択
研究論文指導演習1 2   1・2

複数の教員が担当。各自の研究課題に合わせて選択する必修科目。英語学、英語教育学、早期英語教育、言語習得論、英米文化などに関する研究テーマを選択し、調査方法について学ぶ。学術論文作成に向けた発信力を育成する。

研究論文指導演習2 2   1・2

複数の教員が担当。各自の研究課題に合わせて選択する必修科目。英語学、英語教育学、早期英語教育、言語習得論、英米文化などに関する研究テーマを選択し、調査方法について学ぶ。学術論文作成に向けた発信力を育成する。

研究論文指導演習3   2 2

研究論文指導演習 1・2に続き、修士論文の深化を目指す。

研究論文指導演習4   2 2

研究論文指導演習 1・2に続き、修士論文の深化を目指す。