リハビリテーション学研究科

Rehabilitation
新宿キャンパス

リハビリテーション学研究科 専攻構成

研究科長メッセージ

専門性を深め、拡げる機会へのチャレンジ

リハビリテーション学研究科長 山田 孝

リハビリテーションとは、ライフサイクルの途上で生じた疾病や障害による心身機能、活動、社会参加の喪失や低下に対して、多様な側面から、その回復、改善、向上を図り「自分らしく生きること」を実現する総合的営みと言えます。高齢化社会への移行、医療技術の進展、保健医療施策の変換などに伴い、リハビリテーションには医療としての専門性の深化が求められるとともに、地域での生活を支える包括的支援に関わる役割も期待されています。リハビリテーション職の中心である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は、それぞれの分野での臨床実践的能力、研究能力を高めることが必要であり、より広い視野に立ってリハビリテーションの今後の発展をリードするような人材を育てることが当面の課題と考えられます。
本研究科は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の有資格者を対象とする、首都圏では数少ない3療法分野を備えたリハビリテーション系大学院です。交通至便な新宿キャンパスに昼夜開講制で開設したことで、キャリアを中断せずに学習し、実践的研究能力を身につけることのできる貴重な場となっています。各分野での専門性を深化させる科目、包括的支援を志向する科目など多様な科目を配置し、また実践に根ざした課題を修士論文として纏めていく研究指導に力を入れています。ともに学ぶ必修科目では、各分野の専門性の相互交換も実現でき、大学院ならではの刺激的な機会となっています。担当教員は各療法分野の高度の専門性を有し、臨床歴、研究歴も豊富です。皆さんと共に発展しつつあるリハビリテーション領域のさまざまな研究課題に取り組みたいと願っています。実践的研究の推進、臨床活動の質的向上、障害のある人の全人的ニーズに応える包括的支援の実現、またリハビリテーション分野の養成教育へのキャリア形成などにチャレンジする意欲あふれた方々の入学を歓迎します。