リハビリテーション学研究科

リハビリテーション学専攻 修士課程

Master's Program in Rehabilitation 新宿キャンパス

専攻からのお知らせ

  • リハビリテーション学専攻 修士課程
  • 専攻からのお知らせ
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学院トップ

リハビリテーション学研究科修士論文中間発表会を行いました

11月12日(土)、リハビリテーション学研究科で学ぶ2年生の修士論文中間発表会が行われ、5名の学生が発表しました。どの発表者のテーマも、リハビリテーションの臨床や研究にとって重要で意義深く、教員や参加者からも建設的な意見や質問が多く提示され、活発な議論が交わされました。この発表会で得られた意見を参考に、来年1月の提出に向けて、さらに研究を進めて修士論文を作成することが認められました。
また、来年度以降に論文を作成する1年生の2名が、研究の構想を発表しました。リハビリテーション学研究科では、構想発表を実施しなければ、研究を進めるために必須の倫理審査の申請ができないので、教員からは温かい意見や励ましが寄せられました。当日は教員も合わせて約30名が集い、4時間にわたり熱気ある討議が行われました。大学院生の今後の研究に期待が膨らむ発表会となりました。

  • 修士論文中間発表会_1
  • 修士論文中間発表会_2
  • 修士論文中間発表会_3