生涯福祉研究科

生涯福祉専攻 修士課程

Master's Program in Social Work Services 新宿キャンパス

イベント

  • 生涯福祉専攻 修士課程
  • イベント
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : リハビリテーション学専攻 修士課程, リハビリテーション学研究科, 人間福祉学科, 大学トップ, 大学院トップ, 子ども学科, 生涯福祉専攻 修士課程, 生涯福祉研究科

目白大学大学院生涯福祉研究科 第1回公開講義
(共催:目白大学人間学部 人間福祉学科、子ども学科 協賛:大学院リハビリテーション学研究科)

福祉で人権をどのように考えるべきか

講師: 炭谷 茂氏(恩賜財団済生会理事長)

生涯福祉研究科は社会福祉学や保育学をはじめ、人間理解、社会と人間の相互性など広い領域を学際的に学べる研究科です。今回、更に学びを深める一環として、社会で活躍されている著名人に本学で講義していただくことを企画しました。公開講座ではなく、講義としたのは、大学院生だけでなく、教員、大学生、福祉関係者や一般の方にも学ぶ機会にしたい想いがあるからです。
第1回は、現在の日本の福祉、特に、措置から契約の道筋を付けた社会福祉基礎構造改革をまとめた当時、厚生省社会・援護局長であった炭谷 茂氏をお招きし、「福祉で人権をどのように考えるべきか」をテーマに講義していただきます。

日 時 : 2014年12月17日(水) 15:00〜16:30
場 所 : 目白大学新宿キャンパス 10号館9階 10901教室  交通・アクセス
入場料: 無料

申 込 : 事前申込は不要です。当日、直接ご来場ください。
主催:目白大学大学院 生涯福祉研究科
共催:目白大学人間学部 人間福祉学科・子ども学科
協賛:目白大学大学院 リハビリテーション学研究科

[ 登壇者プロフィール ]

炭谷 茂氏ご略歴
炭谷 茂氏東京大学法学部卒。厚生省(現厚生労働省)入省後、社会援護・局長、環境事務次官などを経て、恩賜財団済生会理事長、日本リハビリテーション協会会長などのほか、ソーシャルファームジャパン理事長、人権文化を育てる会代表世話人などとして社会活動に従事。
「異端の事務次官」として、土日にあいりん地区など訪問し弱い立場の人と交わる就労活動の実践が日本テレビで紹介される。ソーシャルインクルージョン、ソーシャルファームの理念を日本に紹介し、国際シンポジウムなどで開催している。また、環境福祉、人権に対する鋭い感性から福祉を見つめている。
著書に「環境福祉学の理論と実践」「社会福祉の原理と課題」「社会福祉基礎構造改革の視座―改革推進者たちの記録」「私の人権行政論―ソーシャルインクルージョンの確立に向けて」「福祉国家への視座―揺らぎから再構築へ」など。

問い合わせ先


〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
目白大学 人間学部 子ども学科事務室
担当: 青木
TEL: 03-5996-3152
FAX: 03-5996-3163
E-mail:

※校内に駐車場はございませんので、車でのご来校はご遠慮願います。