目白大学・目白短期大学部

臨床心理学専攻

HOME > 大学院 > 心理学研究科 > 臨床心理学専攻

臨床心理学専攻 修士課程

心の健康に役立つ実践的な教育研究を志向

本専攻は、従来の心理学研究が重きを置いてきた基礎的・理論的研究のみに偏るのではなく、より実際的な、心の健康の維持に役立つ教育研究を行うのが特徴です。具体的には、臨床心理学を中心に、発達心理学、人格心理学、社会心理学、精神医学、認知心理学、生理心理学などを学問的基盤としながら、心理臨床の実践にダイレクトに繋がるアセスメントや、心理療法・カウンセリング技術の指導に力を入れています。
したがって、心理臨床の技術を修得するための「臨床心理実習」を重視し、院生は学内外のさまざまな機関で実習します。学内では一般向けに開設されている心理カウンセリングセンターにおいて、相談者の了解を得て教員による面接の陪席を行うほか、実際に面接なども担当します。学外では病院や適応指導教室、児童養護施設など幅広い領域の施設で短期及び長期の実習を行います。

取得できる学位

修士(心理学)

取得できる資格

臨床心理士資格試験受験資格
臨床心理学専攻は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士養成第1種指定大学院です。また、心理臨床の技術修得のため、実習を重視しています。

実習について

社会人向け各種制度

平日昼夜・土曜開講制のカリキュラム、修士課程の修学期間2年を最大4年まで延長できる長期履修制度(余分な学費は発生しません。留学生はこの制度を利用できません)、職業訓練給付制度、各専攻でのサポート、社会人特別入試など、各種制度で社会人の学びを支えています。

働きながら学びたい方へ

 

topics
'16.03.10
'16.03.04
'15.09.09
'16.01.05
'15.10.02
'15.09.09
'15.03.23
'14.05.19
'14.01.10
'13.08.30
'13.05.08
'12.03.08
このページのTOPへ
連絡・お問い合わせ e-mail 個人情報保護について このサイトについて