言語文化研究科 英語・英語教育専攻

2011年度修了(英語教員/私立高等学校)

吉井 隆宏 さん

研究・実践 資格取得
大学院での学びをきっかけに教員の道を志す

英語学や英語圏の文化の側面から国際問題を研究するため、目白大学大学院へ進学しました。授業で英語文化や英語教育について学ぶうち、教育現場に立つことを希望するようになっていきました。科目等履修制度(教職履修生)を利用し、教職教育科目で小学校での観察実習を体験。生徒たちとの交流を通して、明るく振る舞っている生徒にも多くの悩みがあると気づいたとき、力になりたいと思いを強くし、教育に携わっていくことへの確信が深まりました。また、教員として生徒と向き合う意味を教えてくれた体験でもありました。論文執筆と教職課程の履修で多忙な学生生活を過ごしていましたが、同じ目標に向かって励む仲間の姿は、最後まで成し遂げる糧となったと言えます。

多様な英語教育理論や教授法が指導の根拠

高校英語教員となり現場に立つ今、英語・英語教育専攻での学びや研究のすべてが実践に活かされています。「英語教授法・授業学研究」の授業では、英語のみで進める授業法を修得。より高度な英語教育が求められる現在の教育現場において、不可欠な知識です。第二言語習得の理論からの英語教授法や英語教育の歴史などの見識、学生同士のディスカッション、使用したテキストなど、どれも授業の進め方を検討する際の根拠となっています。学習指導だけではなく授業を離れて生徒との何気ない交流から、私自身も共に成長していると実感でき、教育に従事する上での大きなやりがいとなっています。