人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

  • 子ども学科
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 子ども学科, 学園トップ

子ども学科恒例行事の「餅つき」が昨年末に行われました

子ども学科の毎年恒例となっている、「餅つき」は、今年度も行われ、学生たちは杵を持って奮闘していました。
杵を持って奮闘中

2017年12月17日(日)に、人間学部子ども学科の毎年恒例行事となっている「餅つき」が、行われました。
「餅つき」をするには、もち米を研いで、水に一晩浸したあと蒸かします。蒸かすための火は、薪を割って学生たちが起こしました。もち米が蒸かし終ってようやく、お餅をつき始めます。一升のもち米をつき続け、学生たちはへとへとになっていました。日本には稲作信仰というものがあり、「餅つき」は昔から行われている行事です。子ども学科は、飼育栽培委員の3年生が中心となり、4年生は餅のつき方の指導をし、教員は衛生面などの指導しながら進めています。餅つきは一人ではできないため学生たちの連携を高め、喜びをともにするという意義もあります。つき上がったお餅は「からみ餅」にしたり、「イチゴ大福」を作ったりと、好きな味付けにしました。苦労しながらも、自分たちで作ったつきたてのお餅は、格別な味です。
保育の現場では、餅つきを年間行事としてやる園も多くあります。きっと今までは、事前の準備がこんなに大変だとは思っていなかったことでしょう。この経験も、卒業後の保育の現場で活かされることと思います。

  • 子ども学科の飼育栽培委員の男子学生は薪割りをしました。
    薪割りをする男子学生
  • 子ども学科の飼育栽培委員の男子学生がもち米を蒸したり、焼き芋などを焼くための火起こしをしています。
    火起こしをする男子学生
  • 子ども学科の飼育栽培委員の4年生は飼育栽培委員の3年生に餅のつき手やかえし手などの指導をします。
    4年生が餅のつき手とかえし手を指導
  • 子ども学科の飼育栽培委員の3年生の女子学生たちは豚汁を作りました。
    豚汁を作る女子学生
  • 子ども学科の飼育栽培委員の3年生女子学生はお餅の中に入れるアンコ玉を作ったりや大根をおろして餅がつきあがる準備をしています。
    アンコ玉や大根をおろして準備中
  • 子ども学科の飼育栽培委員の3、4年生がつきたてのお餅をお餅の中にアンコやイチゴを入れていちご大福にしたり、お餅と納豆を絡ませたり、大根おろしと絡ませたりしながら食べました。
    作りたてのお餅をみんなで試食