人間学部

心理カウンセリング学科

Department of Psychological Counseling 新宿キャンパス

メディア・出版

  • 心理カウンセリング学科
  • メディア・出版
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

心理カウンセリング学科の小野寺敦子教授が『「エゴ・レジリエンス」でメゲない自分をつくる本』を刊行しました

介護福祉総合演習

人間学部心理カウンセリング学科の小野寺敦子教授が『「エゴ・レジリエンス」でメゲない自分をつくる本』を刊行しました。
「エゴ・レジリエンス」(以下エゴレジ)とは、「自我弾力性」とも訳され、ストレスに直面した際、自我(エゴ)のバランスを取りながら、元の元気な自分に戻らせてくれるスイッチのようなもの。近年心理学の分野で特に注目を集めている「ポジティブ心理学」の領域の一つであり、アメリカの研究者ジャック・ブロックによって提唱された概念です。本書は「エゴレジチェック」をはじめとした、自分自身を知るためのエクササイズを交えながら、「エゴレジ」をアップし、自ら人生を明るくプロデュースする方法を解説。「エゴレジ」を高めることで、ストレス社会においても上手に自分をコントロールし、活き活きと人生を楽しむためのヒントが満載の一冊です。

『「エゴ・レジリエンス」でメゲない自分をつくる本』
著者:小野寺敦子
発行:一藝社
発行日:2015年7月

心理カウンセリング学科 小野寺敦子教授の教員紹介