新着情報

2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました

2月2日(火)から2月13日(土)の12日間、2015年度日本語日本文化研修(JALC)を実施しました。今回は、中国の天津商業大学宝徳学院、山西大学商務学院、台湾の康寧大学、国立台中科技大学、韓国の培材大学校から計19名が参加。午前中は日本語教育センターにて授業を受け、午後は校外学習を行いました。
校外学習では、明治神宮参拝、原宿散策、横浜のカップヌードルミュージアムでチキンラーメン作り、浅草散策、スカイツリーで眺望を楽しみ、小江戸川越散策、煎茶道・華道など、多くの日本文化を体験。煎茶道では、サプライズで用意された着付け体験に感激した様子で、皆嬉しそうな顔で写真のシャッターを切っていました。
2月5日(金)には目白大学生との交流会も開催。日本語を使っての「伝言ゲーム」は大いに盛り上がり、参加者たちは慣れない日本語に少々苦戦しながらも、笑い声を上げて楽しんでいました。交流会のあとも目白大学生と都内散策に行くなど、さらに交流を深めることができたようです。
2月12日(金)に行われた研修発表会では、この研修期間で体験したことを各自でパワーポイントにまとめ、発表しました。
日本に来るのは初めてという参加者がほとんどでしたが、どの行事にも目を輝かせていた姿がとても印象的でした。このJALCをきっかけに日本への興味を深め、長期留学にも挑戦してほしいと思います。

  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    目白大学正門前にて 
  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    明治神宮で参拝
  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    お好み焼き、初体験!
  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    念願の着物での記念写真
  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    目白大生との交流会
  • 2015年度日本語日本文化研修(通称JALC)を実施しました
    送別会にて留学生サポートチーム
    nextと