新着情報

留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました

6月16日(火)、目白研心中学校・高等学校の茶室にて、留学生を対象に「煎茶マナー教室」を行いました。参加したのはJALP(留学生別科)生と交換留学生の計21名。愛茗(あいめい)流の家元をお招きし、本格的な煎茶マナーを学びました。畳の香りが立ち込める和室に、留学生たちは興味津々。「お茶の味をいかに楽しむか」を極めた煎茶道では、お茶を頂いたあとにお菓子を頂きます。これは、茶道でのお抹茶の頂き方とは順序が逆だそうです。仏教や禅道から生まれたという煎茶の歴史について家元のお話を伺いながら、留学生たちは有意義な時間を過ごしました。

  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    背筋を伸ばすと自然と
    気が引き締まります
  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    慎重にお茶を運びます
  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    お箸を使って
    懐紙の上にお菓子を取ります
  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    茶器を置いて深くお辞儀をします
  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    玉露の味はいかかでしたか?
  • 留学生を対象に「煎茶マナー教室」を実施しました
    お茶とともにお菓子も堪能しました