新着情報

  • 目白大学耳科学研究所クリニック
  • ベビールーム
  • イベントは終了しました

2015年7月15日(水) 「目白大学ベビールーム・音と聴こえの教室」を開催

昨日までの雨が嘘のようなお天気で、とても蒸し暑かった岩槻キャンパスで「目白大学ベビールーム・音と聴こえの教室」が開催されました。そんな暑さを吹き飛ばすように、にこにこグループとわくわくグループでは子ども達の元気な声が聞こえていました。今日は、いつもベビールームを行なっているお部屋がとても暑かったので、お隣の部屋で音楽をしました。子ども達は、いつもと違う環境になんとなくそわそわしながらも音をたくさん感じていたようです。
「音と聞こえの教室」の中の音楽療法の時間のひとつのねらいは、環境の中にある様々な音に気がつくことと、子ども達が身体を通して感じることを大切にしています。音は、「振動」で身体に伝わります。その身体に伝わった音を感じる事を習慣づけ、音の存在に気づき、そして、その音には意味があることに気がつくきっかけとなります。また、様々な音が、リズム、スピード、強弱、抑揚などで混ざり合い音楽となります。音楽や歌の始まりは、狼などの動物が声の抑揚を使って遠くの仲間に何かを伝えるように、人間も声を使い、その声の音を変化させ、ことばにし、それを組み合わせて使うところから始まったと言われています。ネイティブアメリカンの人々は、太鼓やフルートなどの楽器を使い遠くの仲間に物事を伝えたりしたとも言われています。
今日のレッスンも、参加されたみなさんで共に「音を楽しむ」空間となったようです。

次回のベビールームは、8月5日(水)です。
「第3回ベビールームの夏祭り」が開催されます。
卒業生の皆さんも参加されます。
毎日暑いので、十分な水分補給と休息を心がけて下さい。

ベビールーム開催日:第1・3金曜日

開催場所: 目白大学岩槻キャンパス フィールドアネックス
お問い合わせ: 048-797-3341


音楽の友社ウェブサイト「音楽療法の広場」で当クリニックが紹介されました。

音楽の友社「音楽療法の広場」 ・・・音楽療法を実施している病院