研究・社会貢献

  • 目白大学短期大学部
  • 研究・社会貢献
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ, 短期大学部トップ

製菓学科によるお菓子の学内販売

4月23日(水)、新宿キャンパスにて、短期大学部製菓学科が春学期1回目の学内販売を行いました。今回の商品は、初夏の季節にぴったりの爽やかなレアチーズケーキです。 製菓学科には、実習で製造した洋菓子・和菓子を商品として自分たちで販売する『販売実践』という授業があり、学科の2年生が洋菓子・和菓子を定期的に学内で販売しています。新宿キャンパス内には、冷蔵ショーケースの置かれた製菓学科専用の販売コーナーがあり、学生や教員の製作した工芸菓子作品も展示してあります。販売時間は昼休みの50分間と限られていますが、毎週販売開始の10分前には何十人もの行列ができ、わずか20分足らずで完売してしまうことがほとんどです。他学科の学生だけでなく、新宿キャンパスの教職員の方々にも好評で、「毎週楽しみにしてるんです」と声を掛けられることもしばしばです。 「美味しそう!」「売り切れちゃったらどうしよう!」と嬉しい声が聞こえてくる中、販売を担当した学生たちは、元気な声と笑顔で接客したり、列を誘導してスムーズに案内したりと、工夫しながら販売していました。普段の実習と違い、自分たちの作ったお菓子を商品として買っていただける喜びを味わえたようです。来週は美味しい和菓子をお届けする予定ですので、楽しみにしていてくださいね!