新宿図書館

桐和祭曝書 文蔵(ふみくら)-2015年10月24・25日

テーマ:日の当たるモノ、日陰のモノ

2015年度は“日の当たるところに陰あり”と題し、『貸出回数が多い資料』と『一度も貸出されたことがない資料』を併せて展示しました。展示資料は図書館スタッフがそれぞれの感性で選びましたので、図鑑などの大型本から文庫本や新書まで、バラエティ豊かな本が並ぶ展示となりました。当日は学内に掲示したポスターを見て足を運んで下さった方も多く、展示資料を手に取って興味深げに眺めている方もいらっしゃいました。

また、今回は図書館の展示に加え、図書館サポーターの企画展示も同時に開催しました。サポーターの皆さんがチラシを配って呼び込みをしてくれたおかげで、例年を大きく上回る来場者に恵まれました。図書館サポーターのページに活動記録などの詳細が掲載されています。こちらも是非ご覧下さい。 
※図書館サポーターについては→こちらから