教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること

教員の養成の目標(目指す教師像)

目白大学教職課程の設置は、本学の建学の精神(主師親 / 国家・社会への献身的態度 真理探求の熱意 人間尊重の精神)を具現化するものであり、その趣旨は、人間尊重の精神を涵養した上で、人間に関する知識と人間を支援するための技能を併せ持った教師を養成し、もって21世紀の人間生活がより豊かなものとなるために主体的に貢献できる人材を世に送り出すことにある。さらに、人間は生涯にわたって成長・発達していく。こうしたことを理解し、その成長・発達を促進させ、社会に貢献できる人間を育成することが、本学の教員養成の趣旨である。

人間学部:子ども学科

保育の本質・目的を理解し、実践能力を伴う幼稚園教諭

  1. 深い子ども理解のもと、優れた実践能力を発揮する保育者
  2. 豊かな感性と人間性をそなえ、子どもと保護者に寄り添える保育者
  3. 社会の一員として責任ある行動をとれる保育者

人間学部:人間福祉学科 児童教育学科
社会学部:地域社会学科 社会情報学科
外国語学部:英米語学科 中国語学科 韓国語学科 日本語・日本語教育学科

  1. 企画・構想者としての教師(教職への強い使命感と誇りを持った教師)
  2. 支援・援助者としての教師(高い実践力を持った教師)
  3. 学習者としての教師(広い視野を持った教師)
  4. 共創の担い手としての教師(現代的課題に対応できる教師)
  5. 先導者としての教師(教育者としての知見と自覚をもった教師)

当該目標を達成するための計画

「教員免許について」へ戻る