人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

イベント

  • 子ども学科
  • イベント
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 大学院トップ, 生涯福祉専攻 修士課程, 生涯福祉研究科, 研究・社会貢献

第14回子ども学科公開講座 「子ども・子育て支援新制度導入に向けて」

子ども・子育て支援新制度に向けて
PDF

皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、昨年度に開催しました創立10周年記念特別公開講座では、多くの皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。本講座も、子ども学科として通算14回目を迎えました。今後も保育・教育分野の皆様や一般市民の方々に喜んで頂ける講座を企画して参ります。どうぞよろしくお願い致します。
今回は、『子ども・子育て支援新制度導入に向けて』というテーマで白梅学園大学教授 無藤隆先生をお招きしてご講演頂き、シンポジウムも企画しております。
保育や教育、子育てにご関心のある方、本学にご関心のある方等、多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております

目白大学人間学部子ども学科
学科長 本間玖美子

日時: 2014年8月2日(土)13:00~16:00 (受付:12:30~)
場所: 目白大学 新宿キャンパス 研心館1階 
交通アクセス
参加費: 無料
*登壇者のプロフィールはこちら
後援: 目白大学大学院生涯福祉研究科

時間 内容 会場
13:00~ アナウンス、学科長挨拶 研心館1階
13:10~14:10 【シンポジウム】
子ども・子育て支援新制度導入に向けて

1:基調講演
「子ども・子育て支援新制度に関する最新情報~幼保連携型認定こども園 教育・保育要領を中心に~」

無藤 隆先生(白梅学園大学 教授)
14:10~14:20 <休憩>※登壇者への質問等のフロアカードを回収します。
14:20~14:40 2:話題提供

~自治体の立場から~
○ 原 南実子先生(横浜市こども青少年局子育て支援課 幼・保・小連携担当課長)

~保育者養成校の立場から~
○ 高橋 弥生(目白大学 教授)
○ 松永 愛子(目白大学 専任講師)
15:05~15:20 <休憩>※登壇者への質問等のフロアカードを回収します。
15:20~16:00 3:討論(登壇者・会場との意見交換)

司会: 荒牧 美佐子(目白大学 専任講師)

[ 講師プロフィール ] 無藤 隆先生(白梅学園大学 教授)
白梅学園大学子ども学部教授、お茶の水女子大学教授などを経て現職。専門は保育学・発達心理学・教育心理学。現在、内閣府子ども・子育て会議会長を務める。その他、保育・幼児教育に関する政府審議会・調査研究会の座長等を数多く歴任。主要著書に『認定こども園の時代:子どもの未来のための新制度理解とこれからの戦略』(ひかりのくに,2014年)、『幼児教育のデザイン:保育の生態学』(東京大学出版会,2013年)、『幼児教育の原則』(ミネルヴァ書房,2009年)、『現場と学問のふれあうところ』(新曜社,2007年)などがある。

<自治体の立場から>
原 南実子先生(横浜市こども青少年局子育て支援課 幼・保・小連携担当課長)
横浜市立小学校教員から横浜市教育委員会指導主事、横浜市子ども青少年局子育て支援課幼保小連携担当指導主事を経て、現在、こども青少年局子育て支援課幼保小連携担当課長を務める。小学校教員時代に「横浜市幼保小連携モデル地区事業」や、幼稚園や保育園の先生方と共に作成する「横浜市幼児教育事例集作成委員」を経験。また、生活科や総合的な学習の研究に長年に渡り取り組んでいる。

<保育者養成校の立場から>
高橋 弥生(目白大学人間学部子ども学科 教授)
公立保育所、私立幼稚園、私立保育所に勤務の後、2003年より目白大学短期大学部子ども学科に勤務。研究テーマは幼児の基本的生活習慣に関して。子ども学科設立当初より実習指導を担当。主な著書は、『データでみる幼児の基本的生活習慣』(共著、一藝社 2009年)、『生活の自立Hand Book-排泄・食事・睡眠・着脱・清潔』(共著、学習研究社 2009年)ほか。

松永 愛子(目白大学人間学部子ども学科 専任講師)
私立幼稚園勤務を経て日本女子大学大学院博士課程後期修了。博士(学術)。
岡崎女子短期大学専任講師を経て現職。保育原理B、保育内容演習(環境)等を担当。研究分野は、地域における親子の居場所研究、園における子どもの遊びの質研究。 主な著書:『地域子育て支援センターのエスノグラフィー』(風間書房)『保育内容・保育方法総論の理論と活用』(共著、保育出版)『保育・教育実習を深める』(共著、愛智出版)

司会:
荒牧 美佐子(目白大学人間学部子ども学科 専任講師)
お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。博士(人文科学)。専門は発達心理学。研究テーマは、幼稚園における子育て支援の効果検証、幼児期の家庭教育が就学期における子どもの学力に与える影響について等。主な著書は「育児への負担感・不安感・肯定感とその関連要因の違い:未就園児を持つ母親を対象に」(『発達心理学研究』19巻2号 2008年)、『発達科学ハンドブック第6巻発達と支援』(共著、新曜社 2012年)。現在、中野区子ども・子育て会議の委員を務める。


<申し込み方法>

①②③のいずれかの方法でお申し込み下さい。
申込期限:7月18日(金)

①オンライン登録 (申し込みフォーム)
必要事項を入力して送信ボタンを押してください。
登録完了後、E-Mailアドレスに受付完了メールが届きます。

②E-Mail
「お名前」、「ご所属」、「託児希望の有無(下記"託児サービスをご希望の方"をご覧ください)」、
をご記入後、送信下さい。
後日、担当者から受付完了メールをお送りします。
E-Mail:

③FAXまたは郵送
「お名前」、「ご所属」、「託児希望の有無(下記"託児サービスをご希望の方"をご覧ください)」等をご記入後、FAX送信または子ども学科事務室宛に郵送してください。
FAX: 03-5996-3163(子ども学科事務室)
郵送先: 〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1 目白大学新宿キャンパス
子ども学科事務室「公開講座企画委員会」宛

申込用紙PDF

【 託児サービスをご希望の方※先着12名様 】 ※無料・公開講座中に限り実施
・お申込み方法 ( 申込み締切: 7月11日(金) 12:00 )
講座参加申込時、「お子様のお名前・年齢」、「E-mailアドレス」をご記入下さい。
・問診票のご記入 ( 申込み締切: 7月18日(金) 12:00 )
講座参加申込受付後、問診票をメール添付にてお送り致します。必要事項に記載後、ご返信ください。

※ 個人情報は本学規程に基づき、管理致します。
※ 講座中、写真撮影を行います。ご了承いただきますようお願い申し上げます。
※ 学内に駐車場はございませんので車でのご来校はご遠慮願います。
※ 本学周辺にはコンビニエンスストアや飲食店が殆どございません。


問い合わせ先
〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
目白大学 人間学部子ども学科
子ども学科公開講座企画委員: 和田上・西山・佐藤(恵)・米川・長濱
TEL: 03-5996‐3152 / FAX: 03-5996‐3163 (子ども学科事務室)
E-mail: