人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

  • 子ども学科
  • 学科からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 生涯福祉専攻 修士課程

第16回 子ども学科公開講座を開催しました

第16回 子ども学科公開講座

7月30日(土)、新宿キャンパスにて「子どもの貧困」をテーマに、第16回 子ども学科公開講座を開催しました。梅雨明けした猛暑の中の開催にもかかわらず、地域の方、他大学の教員、卒業生、子ども学科と心理カウンセリング学科の在学生など100名近くの参加があり、皆で学び合う時間となりました。
基調講演には名寄市立大学(北海道)の山野良一教授をお迎えし、豊富なデータと臨床経験から貧困の構造と実態についてお話しいただきました。貧困がさまざまな問題・危険因子に関連するために子どもの身体的・社会的・情緒的発達に大きな影響を及ぼすこと、その問題解決には乳幼児期の人のつながりが重要であることが示されました。
パネルディスカッションでは、本学子ども学科の青木豊教授、和田上貴昭准教授より発表がありました。青木教授は「愛着」の視点から貧困問題をとらえ、和田上准教授は児童養護施設退所後の問題にも言及しました。とくに青木教授の「親に限らず、子どもと信頼関係で結ばれた大人が一人いることが重要であり、保育者にはその存在になりうる可能性がある」という話には、保育現場の先生方も真剣なまなざしでうなずいていました。
閉会後も講師に質問する受講者の姿もあり、関心の高さがうかがえる公開講座となりました。