人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

学科からのお知らせ

子ども学科のフォローアップセミナーを実施しました

フォローアップセミナーの様子

2月6日(月)、子ども学科のフォローアップセミナーを実施しました。このセミナーは、2017年度AO入試・推薦入試の合格者を対象に、大学での学びにふれることと合格者同士で親睦を深めることを目的とし、入学前教育の一環として行われました。
午前10時、子ども学科長 髙橋弥生教授の挨拶でセミナーがスタート。午前中は、大学生活における心構えや学科で学ぶ姿勢など、教員や在学生による講義を通して学びました。続いて、「保育者としての心構えについて知る」をテーマとした演習を開講。課題図書『センス・オブ・ワンダー』(レイチェル・カーソン著)の感想をグループ内で共有することで保育者に必要な心構えを理解できたようでした。グループワークも多く取り入れられ、参加者は自己紹介や意見発表を通じて、互いにコミュニケーションを取ろうとする積極的な姿が見られました。さらに在学生による手遊びやパネルシアターの実演もあり、充実のプログラムとなりました。
午後も、課題図書を題材として演習が行われ、参加者による発表の機会も設けるなど、保育者としての心構えについてさらに深く学びました。最後に、保育現場での使用頻度の高い漢字を出題範囲とした、漢字テストを実施。答え合わせも行い、参加者は皆、漢字をはじめとする基礎学力を培うことの重要性に気づかされたようです。
終了後の参加者からは、緊張しつつも自己紹介やグループワークを通し多くの人とコミュニケーションできたという声や、先輩(在学生)から楽しい手遊びを教わり貴重な体験ができたという声が寄せられました。
講義、演習、さまざまな人とのコミュニケーションを通し、入学前に一歩先取りして、大学での学びにふれることのできた一日となったようです。