人間学部

子ども学科

Department of Child Studies 新宿キャンパス

実習について

保育士・幼稚園教諭の両方を目指せる
実習プログラム

保育士、幼稚園教論 共通

  • 1年次
    基礎実習指導

    保育実習・教育実習の意義と目的を意識づけるとともに、必要な基礎知識や保育技術を学びます。基本的な実習施設の種別( 保育所・施設・幼稚園・認定こども園)や実習記録・指導案の書き方などについて、教員や現場の先生方から手厚い指導を受けられます。子どもたちとコミュニケーションを図ることが求められる実習で適切な対応ができるように、視聴覚教材を活用しながら、さまざまな遊びを習得。さらに施設見学を行うことで、実習に行く前の意識を高めていきます。段階的な準備により保育現場で必要な力を身につけて、2 年次以降の実習に臨みます。

    学びの内容
    実習の流れを知る 
    実習の心構えを知る 
    実習記録の書き方 
    指導計画の立て方
    絵本・手作り教材のロールプレイ 
    施設見学

保育士

  • 2年次
    施設実習Ⅰ(2週間)

    児童福祉・社会福祉施設での観察・参加実習を通して、保育士・施設職員の仕事内容、施設の役割への理解を深めます。実習中は施設の一日の生活の流れを体感し、施設利用児・利用者との関わり方を考えるとともに、養護技術を習得。実習記録の提出や指導計画の作成など、実務に即した内容も学びます。実習後は振り返りを行うことで、さらに自己の課題を設定します。

  • 3年次
    保育所実習Ⅰ(2週間)
    保育所実習Ⅱまたは
    施設実習Ⅱ(2週間)

    2年次の実習の学びを踏まえ、具体的な指導計画の作成や、保育教材の準備を行い、計画に基づき実践することを体験。実習指導担当保育士の指導により、年齢に応じた保育の知識や技術を身につけます。施設実習Ⅱでは、責任実習(1日の活動プログラムの企画立案と実施)を通して、施設利用児・利用者の個人差を理解した対応方法を習得するなど、現場で必要な能力をより高めます。

2・3年次「施設実習」の振り返り面談を実施

幼稚園教論

  • 4年次
    教育実習(4週間)

    幼稚園での観察・参加実習を経て、子どもの実態に適した指導計画を立案し、計画に基づき実践する責任実習を行い、実践力や応用力を身につけます。幼稚園の機能・保育内容や幼稚園教諭の職務を学び、さらに子どもに対する理解を深め、保護者支援や地域における子育て支援なども含む保育者の役割を認識します。これまでに得た経験や理論を生かし、主体的に保育を行う力を養います。

教育実習「実習報告会」の様子

実習支援室でのサポート
実習支援室

実習支援室では、実習先の手配や実習前後の指導を行います。担当の教員が毎日8時30分から18時まで対応しており、相談事がある場合は個別相談も実施しています。子ども向けの本を集めた図書館や就職支援の資料を設置したコーナーなど、充実した環境で実習をサポートしています。