看護学部

看護学科

Department of Nursing さいたま岩槻キャンパス

学科からのお知らせ

看護学科 第5期卒業生のホームカミングデーを開催しました

看護学科第5期卒業生ホームカミングデー

6月5日(木)、岩槻キャンパスにて看護学部看護学科 第5期卒業生(平成26年3月卒業)のホームカミングデーを開催し、看護師・保健師として社会人の第一歩を踏み出したばかりの卒業生75名が3カ月ぶりに母校に集いました。
「おかえりなさい」「ただいま」という言葉とともに会が始まり、恩師や旧友との久々の再会に笑顔があふれ、賑やかな会場となりました。卒業生からは「大変なこともあるけど頑張っています」「初めて患者さんに名前で呼ばれて嬉しかったです」などの近況報告がありました。また、教員や同窓会「槻の会」のメンバーからも「気負わずに、ありのままの姿で前向きに頑張って乗り越えましょう」「辛くても続ければおもしろいと思える時が必ず来ます」など励ましの声が多くありました。現実の厳しさや慣れない仕事が続く中で、旧友たちの頑張っている姿や恩師からの温かい言葉に勇気づけられ、改めて自分の進む道や、その目標をしっかり心に刻むことができたのではないでしょうか。
いくら時間があっても語りつくせぬ様子でしたが、楽しい時間は瞬く間に過ぎ、参加者は名残を惜しみつつも会場を後にしました。卒業生の皆さんのご活躍と、目白大学のネットワークのさらなる拡大を祈っております。