社会学部

社会情報学科

Department of Social Information 新宿キャンパス

授業レポート

  • 社会情報学科
  • 授業レポート
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 学園トップ

社会情報学科「フードブランド戦略論」 "卸売業の役割と機能"を学ぶ!

有名フードブランド企業の方々を講師としてお招きし、企業現場の貴重なお話をいただく社会情報学科の「フードブランド戦略論」。11月2日(木)の授業では、国分グループ株式会社 マーケティング総括部マーケティング開発部 村川誠明氏をお招きし「卸売業の役割と機能」をテーマにお話しいただきました。受講した学生の声を、一部ご紹介いたします。

「卸売業の役割と機能」の授業レポート
  • 国分グループという名前を初めて知りました。しかしスライドで紹介いただいた自社開発商品を見ると、その多くがスーパーや家で見たことのあるもので、今まで知らなかったことに驚きました。(社会情報学科2年 天野絢介)
  • 卸売業の業務は商品を小売業者に納品するだけだと思っていました。しかし商圏分析や棚割りの提案など、小売業の課題解決まで行っていることを知りました。(社会情報学科2年 浅川香菜子)
  • 当初は卸売業に対して「実際に消費者と関わらないのでニーズを把握できないのではないか?」といった疑問を持っていました。しかしメーカーや小売業との情報交換をヒントにコラボ商品を開発するなど、卸売業ならではの発想から世の中に生まれるものが多くあるのだと学びました。(社会情報学科2年 貝屋怜奈)
  • 食の安全性の徹底やニーズに合わせた商品開発、またさまざまな企業との共同商品開発など、卸売業の仕事は小売に販売するだけではないことが分かりました。(社会情報学科2年 安田ちはる)
  • コンビニエンスストアで働いているので、国分グループの缶詰は見たことがありました。以前お店でミルキー餅やカルピス餅を見たときには不思議な商品だと思いましたが、本日それが国分さんがメーカー同士をつなげてできたコラボ商品だったと分かり、商品を扱う卸売業ならではの提案だったのだと納得できました。(社会情報学科2年 尾坂ひな)