新着情報

中国チチハル大学御一行が本学を訪問されました

中国チチハル大学御一行が本学を訪問されました 6月29日(月)、中国黒竜江省チチハル大学御一行が本学を訪問されました。お越しくださったのは、国際協力交流部長・王則遠氏、入試事務室長・王玉国氏、外事処担当・劉金キン氏。目白大学側は鐙屋一副学長、中国語学科長・胎中千鶴教授、学生部・渦尾洋之部長、国際交流課・山岸容子課長が出席しました。
チチハル大学は22学部66学科を有する総合大学で、学生数は約3万人。ロシア、イギリス、韓国などからの外国人留学生も200人近く学んでいます。
今回訪問された外事処の劉氏は、目白大学大学院の修了生です。チチハル大学にも日本語学科があるため、目白大学とのさまざまな交流促進の第一歩として、両校の相互理解と今後の交流についての話し合いが行われました。会議後も、劉氏と恩師の日本語・日本語教育専攻主任・山西正子教授は旧交を温めるなど、有意義な時間を過ごしました。

(写真上)左から劉金キン氏、王玉国氏、王則遠氏、鐙屋一副学長、渦尾洋之学生部長