新着情報

留学生たちが防災訓練を体験しました

留学生たちが防災訓練を体験しました 9月12日(土)、2015年度秋学期入学の交換留学生31名、JALP(留学生別科)生14名、留学生サポートチームnextの学生11名が池袋防災館にて、防災訓練を体験しました。
地震が起こった時に机の下にもぐるといった身の守り方や、火事が起こった時の消火器の使い方などを教えていただき、すぐに実践。消火訓練の体験では、日本と海外の消火器は使い方や重さも大きさも異なるため戸惑っていた姿も見受けられましたが、防災館の方の説明に熱心に耳を傾け、確実に手順を覚えていきました。さらに、煙の充満した室内からの避難をする訓練にも参加。災害が起きても落ち着いて行動できるようにと、皆真剣な表情で取り組みました。
この日は、早朝に都心で震度5弱の地震があったばかり。地震を初めて体験したという留学生もいましたが、防災館での訓練を通して、自分の身を守る大切さを実感しました。

  • 留学生たちが防災訓練を体験しました
    煙が発生したときの逃げ方は?
  • 留学生たちが防災訓練を体験しました
    消火訓練を行います
  • 留学生たちが防災訓練を体験しました
    防災館の方のお話に聞き入っています