新着情報

  • 目白大学
  • 大学からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ, 子ども学科, 学園トップ

子ども学科の仲澤友莉菜さんがバトントワーリングの国際大会で優勝しました!

優勝のメダルと表彰状を手にする仲澤さん(帰国後学内にて撮影)
優勝のメダルと表彰状を手にする仲澤さん

人間学部子ども学科2年生の仲澤友莉菜さんが、8月9日(水)~8月13日(日)にクロアチアで開催されたバトントワーリングの国際大会「第9回WBTFインターナショナルカップ2017」に出場し、アーティスティックペア部門のシニアの部で見事優勝を果たしました。仲澤さんは7歳年上のお姉さまの影響で3歳からバトンを始めました。幼い頃から毎日練習に励み、今大会で最高の賞を手にすることができました。
帰国後の仲澤さんに話をうかがうと、「バトントワーリングは、スケートのような表現力、新体操のような柔軟性、体操のようなアクロバットが含まれている魅力的な競技です。国際大会ということもあり、日本国内と全く異なる雰囲気で、他国の応援に圧倒されない集中力を保つことが大変でした。決勝に進みノードロップ(バトンを落とさない)でパフォーマンスをすることができ、最後のポーズが決まった時は涙が止まりませんでした。今年で10年目になる姉妹のような、この種目のパートナーは家族のような近しい存在です。そんなパートナーと国際大会のファイナルに挑むことができ、そして優勝することができて本当に嬉しいです」と語っていました。
学科の勉強と両立させながら練習を続け、たどり着いた大舞台を経験したことで、応援をしてくれた方々への感謝とバトントワーリングの素晴らしさをより深く感じられたそうです。本学でも仲澤さんの活躍と栄誉を称え、佐藤郡衛学長より表彰状が贈られました。改めまして優勝おめでとうございます。これからも仲澤さんの更なるご活躍を心から祈っております。

  • 決勝のパフォーマンスの様子(写真左:仲澤さん)
    決勝のパフォーマンスの様子
    (写真左:仲澤さん)
  • 佐藤学長より表彰状が贈られました

    佐藤学長より表彰状が授与されました

  • 本学の教職員とも喜びを分かち合いました
    教職員とも喜びを分かち合いました