奨学金について

目白大学は経済面でも学生をサポート!
本学独自の奨学金・表彰制度などにより学生を支援いたします。

目白大学では、日本学生支援機構などの公的機関による奨学金制度のほか、本学独自の奨学金や表彰制度をご用意。経済面でも学生をサポートしています。

目白大学独自の奨学金・表彰制度

奨学金
種類金額(返済期間)概要
目白大学予約奨学金

給付

年間授業料の半額相当額
(給付方式のため返済不要)

目白大学への入学を強く希望し、 全学部統一入試一般入試A日程大学入試センター試験利用入試A日程を受験する方に対し、年間授業料の半額相当額を免除する制度です。入試に出願する前に申請を受け付け採用の選考・決定を行い、入学後に奨学金を給付します。採用候補者数は100名です。

詳細はこちら
目白大学予約奨学金
推薦入学試験

<商業系高等学校簿記資格型>

給付

年間授業料の半額相当額
(給付方式のため返済不要)

目白大学への入学を強く希望し、 推薦入試(商業系高等学校簿記資格型)を受験する方に対し、年間授業料の半額相当額を免除する制度です。入試に出願する前に申請を受け付け採用の選考・決定を行い、入学後に奨学金を給付します。採用候補者数は5名です。

詳細はこちら
目白大学入学試験
優秀者特別奨学金

給付

入学金25万円
(給付方式のため返済不要)

目白大学の一般入試A日程による合格者のうち、成績上位者100名に対して入学金(25万円)を免除する制度です。

詳細はこちら
桐和奨学金

貸与

年間学納金の半額程度を無利子で貸与※ただし50万円以内
(日本人学生は卒業後2年以内、留学生は卒業までに返済)

目白大学・目白大学短期大学部の卒業生によって設けられた基金。経済的理由により修学困難な在学生に対して、年間学納金の半額程度を上限に無利子で貸与する制度です。
教育後援「桐光会」
奨学金

給付

  • 応急支援奨学金
  • 生活支援奨学金
  • 一人暮らし学生支援奨学金
  • 遠距離通学生交通費支援奨学金
(給付方式のため返済不要)
目白大学・目白大学短期大学部に在学する学生の保護者を中心に運営されている本学の教育後援組織「桐光会」の財源をもとに、優秀な学生の修学を支援する目的で設立された奨学金です。本学に在学している学生を対象としており、4種類の制度があります。
表彰制度
種類金額(返済期間)概要
佐藤重遠奨学金

授与

年間授業料の半額相当額
(給付方式のため返済不要)
目白学園の創立者である故 佐藤重遠先生にちなみ、1957年に設けられました。4年次に在学している学生が対象で、学部から推薦された学業・人物ともに優秀な人に年間授業料の半額相当額を奨学金として授与するものです。
床次徳二記念賞

授与

(給付方式のため返済不要) 学園が設置している各学校に在学中の学生・生徒を対象としており、学業やスポーツ、奉仕活動などで優れた成績・実績を修めた者や、学園の名声を高めた者に対して、卒業時に褒賞金を授与します。

その他の奨学金制度等

日本学生支援機構
種類金額概要
日本学生支援機構
奨学金

貸与

●第一種奨学金(無利子)
自宅通学:月額30,000円、54,000円から選択
自宅外通学:月額30,000円、64,000円から選択

●第二種奨学金(有利子)
月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択
(2015年度募集の内容)

優秀な資質を有し、かつ経済的理由により修学困難な学生を対象とする無利子の「第一種奨学金」と、採用の可否を判定するための学力基準が第一種よりも緩やかに設定されている有利子の「第二種奨学金」、どちらか選べる奨学金制度です。
※大学入学前に申し込む「予約採用」と、入学後に申し込む「在学採用」の2つの応募形態があります。
※詳しくは日本学生支援機構のホームページをご覧ください。

日本学生支援機構 ホームページ
日本政策金融公庫
種類金額概要
国の教育ローン

貸付

学生1人につき 350万円以内
(15年以内、交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)

進学に関する家庭の経済的負担の軽減と教育の機会均等を図ることを目的とした、公的融資制度。入学前からの融資も可能で、 入学金の支払いに利用することもできます。入学時の費用は合格発表前に申し込みできますので、志望校決定後、早めに日本政策金融公庫までお申し込みください。

日本政策金融公庫 ホームページ

この他にも地方自治体、民間奨学団体などが実施する各種奨学制度もご利用いただけます。
各奨学金・表彰制度の詳しい情報は「目白大学 公式サイト」よりご確認ください。

目白大学 公式サイト「奨学金・表彰制度」ページへ