新着情報

  • NEWS

東京都立久留米西高等学校の1年生が人間福祉学科の授業を体験しました

東京都立久留米西高等学校1
車椅子の各部位の役割を知り、いざ実践。
狭い通路に悪戦苦闘する場面も

8月28日(月)、東京都立久留米西高等学校の1年生40名が、上級学校訪問及び授業体験を目的に来校しました。同校の本学訪問は今年で4回目。午前午後にわたり、人間福祉学科で福祉について学びました。
午前中は、荏原順子教授による講義『福祉って何をする仕事?』で、福祉職や、福祉の知識を活かした職業に関する授業を受講しました。とくに本学学生の卒業論文を題材に、「自分の興味」から進路を選択をした事例には、強い関心を示していました。
その後は在学生によるトークセッション。『なぜ私たちは福祉という進路を選んだのか? ~先輩たちに聞いてみよう!』と題し、学生4名が、進路選択のきっかけや、大学生活について語りました。年齢の近い先輩の体験談は、高校生たちの興味を強く惹きつけたようです。
昼食をはさんで、午後は運動着姿に着替え、体験実習に挑みました。まず、浅野いずみ専任講師による『車いす介助体験~安心して乗ってもらうために必要なこと』では、「車椅子は命を乗せる」という観点から、その動かし方のポイントについてレクチャーを受け、二人一組となって実践しました。思うように動かすことができず四苦八苦していましたが、押す側も乗る側も体験したことで、どのような配慮が必要なのか具体的に実感できたようです。
続いて天野由以専任講師による『コミュニケーションの第一歩は第一印象』では、第一印象が相手に与える影響について学びました。受験での面接や、部活動に入部する時など身近な場面を想定した講義は、実生活の中で活かせる実践的な内容で、高校生たちは興味津々の様子でした。
本学での授業が、高校生たちにとって有意義な時間となり、福祉や介護、そして自身の将来を考える際の、気づきやヒントになることができればと願っています。

  • 東京都立久留米西高等学校2
    福祉の知識は将来どのように活かせるのか、学びました
  • 東京都立久留米西高等学校3
    在学生の率直な体験談を聞き、和やかな雰囲気に
  • 東京都立久留米西高等学校4
    円滑なコミュニケーションとは?
    実生活でも役立ちそうです