公開講座

写真

本研究所の公開講座は、もともと、前身の目白学園女子教育研究所が新宿区民大学/目白学園教室として、年度のテーマに沿った内容を、6月~7月などの毎週土曜日、回ごとに講師を変えて、計7回の集中講座として行ってきました。1998年に目白学園公開講座となってからは、年に2回、春期と秋期に行うようになり、年によってシンポジウム形式なども取り入れながら、さらに幅広く開催してきました。改組後の近年は、毎年11月~12月にかけて、特に高等教育に焦点を当てて公開講座を実施しており、2015年に3部門に改組してからは、FD部門がFD実施委員会とも連携しながら開催する形態に変化してきています。

更新

平成30年度 目白大学公開講座「ハラスメントのない大学づくり」(主催:目白大学教育研究所)

平成30年度 目白大学公開講座(主催:目白大学教育研究所)を開催します

ハラスメントのない大学づくり

平成30年度 目白大学公開講座パンフ
チラシ

講師:御輿久美子氏
特定非営利活動法人アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク(NAAH)代表理事


本講座は、このテーマに関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

  • 日 時:2018年12月1日(土)
    13:00~15:00(受付12:30~)
  • 会 場:目白大学新宿キャンパス 研心館1階 研心ホール交通アクセス
  • 参加費:無料
  • 主 催:目白大学教育研究所
  • 協 賛:目白大学FD実施委員会
申し込み方法

住所、氏名、職業、電話番号を明記し、下記申し込み先までメール、FAXなどでお申し込みください。

申し込み期限:2018年11月28日(水)
※なお、空席がある場合、当日のご参加も可能です。

お申し込み・お問い合わせ先
  • 目白大学教育研究所
  • 〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
  • TEL:03-5996-3187
  • FAX:03-5996-3179
  • E-mail:

公開講座の一覧はこちら


教育研究所(女子教育研究所)主催
公開講座一覧 [2006〜]

所報(通巻)No.
[ ] 内は『人と教育』
の所報No.
テーマ/内容 講師
(敬称略)
39
[10]
2015/H27
11.21
「高等教育におけるキャリア教育
―教育と職業をつなぐ―」
吉本圭一
38
[9]
2014/H26
12.20
「学生の主体的な学びの育成
―学生データを生かした支援のあり方―」
山口礼子
37
[8]
2013/H25
12.21
「大学における初年次教育の進め方」 濱名篤
36
[7]
2012/H24
12.8
「大学初年次のアクティブラーニングの進め方」 谷口哲也
35
[6]
2011/H23
12.17
「学生を変容させる初年次教育」 谷口哲也
2011/H23
7.9
「メディアと子ども」 中橋雄
34
[5]
2010/H22
12.18
「大学教育の3つのポリシー(AP、CP、DP)
―その一貫性構築と基礎教育の位置付け―」
小林直人
2010/H22
07.03
「ネット社会の子育て術
~子どものネット遊びに潜む危険性~」
榎本 竜二
大久保 輝夫
33
[4]
2009/H21
12.19 
「社会に通用する学士力とその育成
~『社会人基礎力』との関連を考える~」
壷井秀一
新井正一
2009/H21
07.11
「学校への携帯電話持ち込み禁止を考える」 野間俊彦
西田光昭
32
[3]
2008/H20
12.13
「社会が大学に求める力と学士力」 川島啓二
井端正臣
2008/H20
07.12
「子どもを守るネットワーク社会のあり方
-ケイタイ・ネットいじめ・学校裏サイト-」
石原 一彦
31
[2]
2007/H19
12.01
「子どもたちの日常と非行のあいだ
―規範意識をどう育てるか―」
石毛 博
堀内 比佐子
内山 絢子
2007/H19
07.07
「子育て支援の実際と課題を考える
-子どもが健やかに育つ条件とは-」
村木 厚子
石井 哲夫 
増田 まゆみ
山崎 晃資
30
[1]
2006/H18
11.25
「メディアと教育
-健全な情報社会の構築をめざして-」
松本 逸也
原 克彦
2006/H18
07.01
「高機能発達障害の子どもの生活
-その困難性と支援」
コーディネーター
寺山千代子
シンポジスト
高山 恵子
尾崎 ミオ