FD部門

FD(Faculty Development)部門は、本学教員の教育能力を高めるために必要な事業に関する調査研究を行っています。本学ではFD実施委員会が組織されており、教員のFD活動そのものは、このFD実施委員会が主体となって推進しています。本研究所FD部門で実施した調査研究の成果は、教員の各FD活動を支援するために利活用されています。具体的な活動としては、他大学の事例調査や、刊行物等の収集・検討、また毎年度、高等教育に関するテーマを決定し、FD実施委員会と共同で、公開講座を実施しています。

近年の主な公開講座

     
開催日 テーマ/内容 講師(敬称略)
2019/R1
11.30
「学習者の多様性とこれからの大学
―障がい学生の支援と今後の大学の在り方―」
ピーター・バーニック
2018/H30
12.01
「ハラスメントのない大学づくり」 御輿久美子
2017/H29
11.18
「これからの時代の「資質・能力」と評価の在り方
―高校改革・大学改革と高大接続改革に向けて―」
白水始
2016/H28
11.19
「教養教育カリキュラムと主体的学び
―学生の主体性を引き出す工夫―」
佐々木一也
2015/H27
11.21
「高等教育におけるキャリア教育
―教育と職業をつなぐ―」
吉本圭一
2014/H26
12.20
「学生の主体的な学びの育成
―学生データを生かした支援のあり方―」
山口礼子
2013/H25
12.21
「大学における初年次教育の進め方」 濱名篤
2012/H24
12.8
「大学初年次のアクティブラーニングの進め方」 谷口哲也
2011/H23
12.17
「学生を変容させる初年次教育」 谷口哲也
2011/H23
7.9
「メディアと子ども」 中橋雄
2010/H22
12.18
「大学教育の3つのポリシー(AP、CP、DP)
―その一貫性構築と基礎教育の位置付け―」
小林直人