読書推進プログラム(読書感想文)

更新

2021年度「読書推進プログラム~読んで、感じて、伝えよう!~」作品募集

2021年度
「読書推進プログラム ~読んで、感じて、伝えよう!~」

2021年度「読書推進プログラム ~読んで、感じて、伝えよう!~」の実施にあたり、以下の要領で読書感想文作品を募集します。

趣旨

このプログラムの目的は、学生の皆さんにより多くの本に触れる機会を提供し、読書活動に親しんでいただくことです。本を読んで感想文を書く過程で、皆さんが読解力を高め、より深い教養と論理的な考えを身につけることを期待しています。本プログラムが皆さんの読書活動を支援し、図書館がより身近な存在となることを願っています。

対象図書 本学図書館で所蔵している図書(漫画は除く)
※目白大学の図書委員の先生方が推薦する図書「目白の100冊+α」も参考にしてください。
『目白の100冊+a』ダウンロードはこちら
応募資格 新宿キャンパス所属の全学部生、院生
審査基準 学生らしい感性が表されているか、深い思索が窺えるか、論理に整合性があるか、
さらに文章に破綻がなく形式が整っているかなどを審査基準とします。
応募期間 2021年7月22日(木)~10月29日(金)PM5時まで
原稿規定

使用ソフト:Microsoft Word
字数:2000字以上~3000字程度
形式:1行目> 学科、学年、学籍番号、氏名
   2行目> 感想文の題名
   3行目> 対象とした図書名、著者、出版社名
   4行目から本文書き出し
原稿ファイル名:dokusho-学籍番号

・書き出し・段落替えは1字下げて記入する。
・対象とした図書から文章を引用する場合、引用部分は「」で囲み、原文のまま書き写すこと。長文の場合は、本文とその前後に1行空けて、本文は2字下げる。
見本はこちら

応募方法

▼下記のボタンから、クリックして提出してください。

申し込みフォームボタン

フォーム送信後は取り消しができませんので、送信前に必ず入力内容を見直してください。 住所と電話番号は副賞送付のためにのみ使用します。

選考
審査員
目白大学新宿キャンパス図書委員(本学教員)
選考期間 2021年11月初旬~12月中旬(予定)
発表 2021年12月下旬(予定)
表彰式 表彰式は新型コロナウイルス感染防止の観点から開催未定。
実施の場合は2022年1月~2月を予定しています。
賞・副賞
  • 【1  等】1名
    (賞状および副賞として図書カード1万円)
  • 【2  等】2名
    (賞状および副賞として図書カード5千円)
  • 【佳 作】若干名
    (賞状および副賞として図書カード3千円)
  • 【審査員特別賞】若干名
    (図書カード2千円)
  • 【参加賞】選外者全員
    (図書カード1千円)
その他
  • 原稿は未発表のものに限り、1人1点とします。
  • 応募作品の著作権利は主催者に譲渡継承されます。
  • 入賞作品と入賞者氏名は、図書館ホームページで公開されます。過去の作品集は図書館ホームページに掲載しています。
  • 募集対象は読書感想文作品です。図書の推薦文など、感想文ではないものは審査の対象外となります。
  • 引用のルールをお守りください。引用ルールの誤りは剽窃とみなされますので、くれぐれもご注意ください。
  • 盗作は禁止です。発覚した場合、受賞後であっても受賞取り消しとなります。
  • 提出前に、作品名・著者名の誤表記、本文中の誤字・脱字、引用ルールの誤りはないか等、必ず作品を読み返してご確認ください。

お問合せ先

目白大学新宿図書館 読書推進プログラム担当 
Mail:

読書推進プログラムの記事一覧はこちら