研究・社会貢献

  • 目白大学
  • 研究・社会貢献
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

浴衣で打ち水ECOアクションと新宿打ち水大作戦がコラボ!

打ち水の様子

8月6日(水)と13日(水)の夕方、目白大学のサークル「ちえの小道」の学生10名が、中井駅前の商店街で、浴衣を着て「打ち水」を行いました。
これは、2014年度目白大学「ECOアクション」の一環として、新宿区が募集する「新宿打ち水大作戦」企画に参加、中落合一丁目町会(商工会)と上落合二丁目町会(商友会)の皆さんとのコラボレーションによって実施されたものです。エコを意識して、学生たちはペットボトルやじょうろを使って、落合水再生センターからもらった水を撒いていましたが、町会の方のご好意により、水や大きなバケツを貸していただき、たくさんの水を撒くことができました。また小さな子どもたちも興味津々で眺めていたので、いっしょに水撒きをしてメンバーも涼しさを感じながら楽しく取り組んでいる様子でした。水を撒く前と後で気温を測定し比較したところ、2~3℃下げることに成功、新宿区の観光協会の方の測定では、5℃前後下がったとのことです。
リーダーの黒澤栞さん(心理カウンセリング学科3年)によれば、「打ち水をしていると、地域住民の方々に"ありがとう""ご苦労さま"などとたくさん声をかけていただき、嬉しく思いました。このような活動を通して、これからも地域貢献に積極的に関わっていきたいと思いました」とのことでした。

  • ECOアクション_1
  • ECOアクション_2
  • ECOアクション_3

「エコキャンパス」サイト