研究・社会貢献

  • 目白大学
  • 研究・社会貢献
  • 新宿 岩槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大学トップ

産学連携イベント「コラボさいたま2014」に出展しました

  • コラボさいたま2014 目白大学_1
    本学の出展ブース。大勢の来場者が足を止めてくださいました
  • コラボさいたま2014 目白大学_2
    西山専任講師(左)が出展したオゾン水生成装置(石川金属機工(株)製)で手を洗い、貴重なご意見を収集。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました

11月7日(金)~9日(日)の3日間にわたりさいたまスーパーアリーナで開催されたビジネス展示会「コラボさいたま2014」に、本学から3名の教員が研究成果を出展しました。「コラボさいたま」は、主に埼玉県内の企業や大学が新商品や最先端の技術を出展する見本市であり、大学が企業活動や公的事業と連携して研究成果の実用化を目指す絶好の機会です。

特に、人間学部子ども学科の西山里利専任講師が出展した「ワークショップ手法を用いた看護用具・用品開発の支援に関する研究」は、まさにこのコラボさいたま会場でのマッチングから生まれました。昨年11月のコラボさいたまに出展した西山講師の研究「患者中心型デザインワークショップ手法を用いた看護用具・用品開発の支援」に、医療現場等へのオゾン水生成装置の普及を目指して出展していた石川金属機工株式会社が着目。会場での同社エンジニアと西山講師の邂逅をきっかけにスタートした共同研究は、今年度の埼玉県による次世代産業参入支援事業としての助成も受けており、慶應義塾大学からも共同研究者が加わって産学官の3者が連携して研究を進めています。

他にも、昨年に引き続いて出展した社会学部社会情報学科の田中泰恵教授・渋谷昌三教授による「クレーム発信に関する消費者教育手法の提案」、初めて出展した社会学部メディア表現学科の西尾典洋専任講師による「特定ドメイン向け知識映像コンテンツの開発・制作支援」が、それぞれマーケティングや教育分野などに携わる多くの来場者の関心を集めていました。

今回出展した研究に関するご相談は、本学研究支援グループ(電話:03-5996-3110/ E-mail: )でも承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

本学の出展(PDFファイル)