ビジネス社会学科

Department of Business Studies

フィールド制

実践的に学べる6つのフィールド

ビジネス社会学科の特徴は、興味や関心に応じて自由に選択できるフィールド制を導入していること。6つの学びのフィールドから、メインとなるフィールドを2つ選択し、それ以外のフィールドからも幅広く科目を履修していきます。

フィールド制とは?

興味・関心に応じて学習ブログラムを組み立てられる仕組みのこと

ビジネス社会学科では、実践的な学びができる6つのフィールドを用意しています。メインとなる2つのフィールドに限定されず、ほかの4つのフィールドからも幅広く科目を選べます。自分の将来を考えて2年間の学びを自分らしく組み立てられるのが特徴です。

実践的に学べる6つのフィールドと目指せる資格
  • 秘書ビジネス
    フィールド

    スケジュール管理や文書作成、企業でのお客様の迎え方など、秘書実務を中心としたオフィスワークの基本から応用までを学びます。

  • メディカル秘書
    フィールド

    レセブト(医療報酬請求)業務など医療事務に関する実践的なカリキュラムを通し、医療の現場をサボートするスキルを身につけます。

  • マーケティングビジネス
    フィールド

    商品企画、仕入・販売からお店づくりまで、小売業に関するマーケティングの知識と実践力をさまざまな角度から習得します。

  • ファイナンシャルプランニング
    フィールド

    保険制度や税金、不動産など、将来設計に関する幅広い知識を身につけたファイナンシャルプランナーを目指して学びます。

  • 観光ビジネス
    フィールド

    住んで良し、訪れて良しの観光地づくりや、快適さと楽しさ、交流のお手伝いをする旅行やレジャーの仕事への理解を深めます。

  • エアラインビジネス
    フィールド

    航空業界で求められる立ち居振る舞いや教養、英会話を身につけ、エアライン・ビジネス全般の知識とスキルを習得します。

各フィールドで目指せる資格
資格名関連するフィールド
◆ 秘書検定
★ 上級秘書士Ⓝ ・秘書士Ⓝ
★ 上級秘書士Ⓝ (メディカル秘書)
◆ 医療事務管理士
◆ リテールマーケティング(販売士)検定
★ 観光ビジネス実務士
ファイナンシャル・プランニング技能士
◆ TOEIC®
◆ 日商簿記検定
◆ ビジネス文書検定

...秘書ビジネスフィールド ...メディカル秘書フィールド ...マーケティングビジネスフィールド ...ファイナンシャルプランニングフィールド ...観光ビジネスフィールド ...エアラインビジネスフィールド
◆...資格取得奨励金制度対象 ★...卒業時に所定の単位を取得していれば取得可能

「資格取得奨励金制度」について

その他の目指せる資格

カリキュラム

卒業までに
必要な単位数
64単位
基礎教育科目

基礎教育科目は、高校から短大の学びへとスムーズに移行し、将来の進路へつなげるキャリア形成科目と、社会人に求められる知識や思考を身につけるための教養科目から構成されています。

基礎教育科目について
専門教育科目

6フィールドから主専攻のフィールド2つを選択し、合計14単位を選択必修する必要があります。

  • [ ]の数字は単位数
  • は必修科目
  • *秘書ビジネスフィールドのみ、短期大学部共通科目のうち、この2科目をフィールドの選択必修科目として履修できます。
ビジネス社会科目 ビジネス基礎演習Ⅰ[2]
ビジネス基礎演習Ⅱ[2]
ビジネス社会セミナーⅠ[2]
ビジネス社会セミナーⅡ[2]
学科該当科目秘書ビジネスフィールド * 秘書学概論[2]
* 秘書実務[2]
秘書演習Ⅰ[2]
秘書演習Ⅱ[2]
交渉力を身につける[2]
ビジネス戦略[2]
メディカル秘書フィールド メディカル秘書概論[2]
メディカル秘書実務[2]
メディカルスタッフ論[2]
医学と薬学の知識[2]
医療報酬請求事務Ⅰ[2]
医療報酬請求事務Ⅱ[2]
マーケティングビジネスフィールド マーケティング[2]
店づくり実習Ⅰ[2]
店づくり実習Ⅱ[2]
マーケティングリサーチ[2]
販売実習[2]
ネットビジネス[2]
ファイナンシャルプランニングフィールド ファイナンス基礎[2]
ファイナンス応用[2]
金融の知識[2]
ファイナンシャルプランニングⅠ[2]
ファイナンシャルプランニングⅡ[2]
ビジネス・ゲーム[2]
観光ビジネスフィールド 観光地を学ぶ[2]
世界遺産とエコツーリズム[2]
旅と観光の文化論[2]
テーマバーク論[2]
トラベルコーディネート[2]
旅をサポートするビジネス[2]
エアラインビジネスフィールド エアラインビジネスⅠ[2]
エアラインビジネスⅡ[2]
エアライン英会話Ⅰ[1]
エアライン英会話Ⅱ[1]
エクセレンス・マナー[2]
エアライン・トレーニング[2]
短期大学部共通科目

専門教育科目の1つとして、学科の枠を越えて履修できます。リテールマーケティング(販売士)検定や秘書検定、簿記検定など、社会に出て役立つ資格の取得につなげることができます。

短期大学部共通科目について
自由選択科目

所属学科の科目、他学科の開放科目、目白大学(人間学部・社会学部・経営学部・外国語学部)の基礎教育科目(フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、インドネシア語)と単位互換科目、放送大学の単位互換科目から、必要な知識や技能に合わせて自由に選択することができます。

シラバスはこちら