アメリカ、カナダ、韓国など留学先はさまざま。 目白大学には、世界へ羽ばたける環境とサポートがあります。

目白大学ではアメリカ、カナダ、韓国、中国、台湾など海外のさまざまな大学と提携した留学制度があります。
海外で学び、生活をすることで、グローバルな社会で活躍できる力が自然に身につきます。


各国提携校

  • ※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年度の夏期留学、秋学期の交換留学などの語学留学を中止。
  •  今後も外務省が発出する「危険情報」「感染症危険情報」によって、渡航を伴う現地での留学が中止・延期となる場合があります

各国提携校


留学プログラム

在学中に海外留学を希望する場合、次のような方法があります。留学先はアメリカ、カナダ、イギリス、韓国、中国、台湾の協定校を中心として、国際交流センターがさまざまなサポートを行っています。

交換留学
内容 学生交流協定を締結している大学への協定に基づく留学
特色 休学せずに留学可能
資格
  • 2年次生以上で30単位以上修得していること
  • 協定校または本学での所属学部が定める要件を満たしていること
  • 日本国内の海外旅行保険に加入すること
帰国後の在学学年 進級後の学年・クラスへ復学
認定留学
内容 学生自身が留学先(大学)の入学許可を取り、目白大学の許可を得て行う留学
特色 休学して留学。留学した期間は在学期間に含まれないので、休学期間分の在学が必要
資格
  • 2年次生以上で30単位以上修得していること
  • 本学での所属学部が特別に定める要件を満たしていること
  • 留学の目的や留学先の教育課程などが認定留学にふさわしいと本学が認めていること
帰国後の在学学年
  • 1年以上留学した場合は、留学した時点の学年・クラスへ復学
  • 6ヵ月留学した場合は、進級後の学年・クラスへ復学
Action English
内容 夏期にアイルランド(2019年度実績)で約1か月間行われる英語研修。学生寮で生活しながら、語学を学び、文化への理解を深める
特色 授業の一環として単位を修得でき、グローバルな視野を身につけることができる
資格 初回授業に必ず出席すること
帰国後の在学学年 進級後の学年・クラスへ復学

留学へのステップ

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、変更となる可能性があります。

Step1目的を明確にする
留学したい場合、まずは目的を明確にすることが重要です。海外で何をしたいのか、何を学びたいのかはっきりとさせて、留学をより有意義なものにしましょう。
Step2留学スタイルを決める
留学には、交換留学や認定留学、招待留学など、さまざまな留学スタイルがあります。所属学科または国際交流センターで案内しています。
Step3留学先大学を決める
目的とする言語・内容・期間などと照らし合わせた上で、目白大学が協定を結んでいる大学の中に希望の条件に合った大学がある場合は、国際交流センターが受け入れ大学との連絡や手続きなどの留学プロセスをサポートします。
Step4書類提出後、選考試験
希望の留学スタイルが決まったら、規定の書類を提出の後、選考試験が行われます。協定校の場合、慣れない書類の作成なども、国際交流センターが詳細にフォローするので安心です。
Step5留学許可
大学側が定める選考基準をクリアすれば、留学許可が得られます。許可を得た学生は、留学に向けて必要な手続きなどを行います。
Step6留学前ガイダンス
留学に際して必要なビザの申請をはじめ、移動から滞在時までの留意点をフォローするガイダンスです。数回のガイダンスを経て、晴れて海外留学に向け出発となります。
Step7 留学へGo!

留学サポート

国際交流センター

海外の提携校拡大や交換留学生の受け入れと派遣、目白大学の学生を対象にした留学の手続きなどを実施しています。また、海外からの留学生は、英語・中国語・韓国語を話す専門スタッフから、生活に関するアドバイスを受けることができます。


学科実施留学の費用について

留学の費用(2019年度実績)については、以下の資料をご確認ください(本学の学費は別途必要です。)
学科実施留学の費用について