目白大学は経済面でも学生をサポート! 本学独自の奨学金・表彰制度などにより学生を支援いたします。

目白大学では、日本学生支援機構などの公的機関による奨学金制度のほか、本学独自の奨学金や表彰制度をご用意。経済面でも学生をサポートしています。


目白大学独自の奨学金

出願時に募集するもの
種類 種別 返済有無 金額 概要
目白大学予約奨学金 給付 年間授業料の半額相当額

目白大学への入学を強く希望し、 全学部統一選抜、一般選抜A日程、大学入学共通テスト利用選抜A日程、大学入学共通テスト利用選抜外部英語検定試験併用方式を受験する方に対し、年間授業料の半額相当額を最長4年間免除する制度です。入学者選抜に出願する前に申請を受け付け採用の選考・決定を行い、入学後に奨学金を給付します。採用候補者数は100名です。

目白大学入学試験優秀者特別奨学金 給付 入学金相当額(25万円)

目白大学の一般選抜A日程による合格者のうち、成績上位者100名に対して入学金相当額(25万円)を免除する制度です。

入学後に募集するもの
種類 種別 返済有無 金額 概要
教育後援「桐光会」奨学金 給付 【応急支援奨学金】該当学期の学納金の一部(ただし50万円以内)【修学支援奨学金】該当学期の学納金の一部(ただし30万円以内)

【応急支援奨学金】
入学後、学費支弁者の不慮の事故や病気、災害等で予期しない家計状況の急変により、学業の継続が困難となった学生に対し給付します。(成績条件および面接があります)

給付 該当学期の学納金の一部(ただし30万円以内)

【修学支援奨学金】
学習意欲があり、成績優秀であるが、経済的に困難を抱えている2年次以上の学生に対し給付します。(成績条件および面接があります)

桐和奨学金 給付 15万円

3年次に在学している学生のうち、学部から推薦された成績優秀者が対象です。


その他の奨学金制度等

種類 種別 返済有無 金額 概要
高等教育修学支援新制度 給付 授業料・入学金の免除もしくは減額、および給付型奨学金の支給

経済的に修学困難な修学意欲のある学生の「学び」を支援する制度で、住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯の学生は修学支援の対象となります。

日本学生支援機構奨学金 貸与 ●第一種奨学金(無利子)●第二種奨学金(有利子)から選択

無利子の「第一種奨学金」と、有利子の「第二種奨学金」、どちらか選べる奨学金制度です。
※大学入学前に申し込む「予約採用」と、入学後に申し込む「在学採用」の2つの応募形態があります。他に「給付型奨学金」があります。
※詳細は日本学生支援機構のWebサイトをご覧ください。

入学前に学生または保護者が利用可能なもの
種類 種別 返済有無 金額 概要
都道府県社会福祉協議会
生活福祉資金貸付制度【教育支援資金】
貸与 ①教育支援費(大学)月6.5万円以内※特に必要と認められる場合には1.5倍の額まで申込可能
②就学支度費
50万円以内

低所得世帯に属する方が大学等に入学、または修学に際して必要な経費を貸し付ける資金です。
※詳細は全国社会福祉協議会のWebサイトをご覧ください。

日本政策金融公庫
教育一般貸付
【国の教育ローン】
貸与 学生1人につき 350万円以内

公的融資制度で、入学前からの融資が受けられ、入学金の支払いや住居費、教材費にも利用できます。
※詳細は日本政策金融公庫のWebサイトをご覧ください。

労働金庫(ろうきん)
【入学時必要資金融資】
貸与 増額奨学金の範囲内(最大50万円)

日本学生支援機構の入学時特別増額貸与奨学金の採用候補者となった方の、入学時に支払う教育資金(入学金・授業料)を融資する制度で(納入済みのものは対象外)。
※詳細は労働金庫のWebサイトをご覧ください。


目白大学独自の表彰制度

種類 種別 返済有無 金額 概要
佐藤重遠記念賞 授与 10万円

目白学園の創立者である故 佐藤重遠先生の意志により、1957年に設けられました。4年次に在学している学生のうち、各学科から推薦された人物・学業ともに優秀な人が対象です。

床次徳二記念賞 授与 褒賞

学園が設置している各学校に在学中の学生・生徒を対象としており、学業やスポーツ、奉仕活動などで優れた成績・実績を修めた学生や、学園の名声を高めた学生に対して、卒業時に褒賞を授与します。

この他にも地方自治体、民間奨学団体などが実施する各種奨学制度もご利用いただけます。
各奨学金・表彰制度の詳しい情報は「目白大学 公式サイト」よりご確認ください。