心理学部心理カウンセリング学科(仮称)誕生 心理学部心理カウンセリング学科(仮称)誕生

新宿キャンパス

~多様化した社会にふみ出すための心理学を学ぶ~

人間学部心理カウンセリング学科が、
心理学部心理カウンセリング学科へと生まれ変わります。

スクールカウンセラー養成などを中心とした教育体制から、より広い分野での心の諸問題に対処できる人材育成を目指し、カリキュラムを大幅に拡充します。
専門職から一般企業といった幅広いフィールドで心理学を生かせるよう、学生の将来像に対応した履修モデルを用意。また、多彩な実習・演習科目群によって、実践力とともに、主体的に行動する力を養います。

学びのポイント

心理カウンセリング学科
心理学の基礎から実践まで
体系的に学べるカリキュラム

1年次に心理学の基礎を学んだ上で、2年次以降には心理専門職・他者支援・社会実践といった活躍の場に応じた3つの履修モデルを展開。目的に沿った心理学の知識や技術を習得します。

現代社会の問題を反映した8つの科目群

保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働、子ども・家庭、対人関係、多様性の8つの科目群から、進路や関心に応じた履修が可能。心の諸問題への対応力を養います。

実習に備えた課題解決型の科目を設置

心理的課題について考え抜く力を養えるよう、グループワークやディスカッションなど課題解決型の授業を実施。思考力や主体性、コミュニケーション力を身につけ、現場実習に備えます。

心理カウンセリング学科

4年間のステップ

1年次心理学とカウンセリングの全体像をつかむ 2年次自分の専門領域を考える 3年次専門的な学びを深める3つの履修モデル 4年次4年間の総まとめ1年次心理学とカウンセリングの全体像をつかむ 2年次自分の専門領域を考える 3年次専門的な学びを深める3つの履修モデル 4年次4年間の総まとめ

3つの履修モデル

心理カウンセリング学科

心理学を社会で生かすことを目的に、将来像に応じた3つの履修モデルを用意しています。

  • カウンセラーになりたい
    臨床心理学(心理専門職)モデル

    心理アセスメントやカウンセリングなどの専門的支援を行い、多様な問題に対応する心理専門職に就くことを目指します。国家資格である公認心理師を取得するためのカリキュラムです。

  • 対人心理学(他者支援)モデル

    行政機関や施設などで、さまざまな事情や課題を抱えた人々へのサポートを精神的な側面から行います。心理学に基づいた考えを身につけ、実践に生かしていきます。

  • 応用心理学(社会実践)モデル

    幅広い心理学を基礎から学ぶとともに、演習形式の授業で課題解決力やコミュニケーション力を育みます。社会人としてチームで働く上での主体性を養います。

  • 目指せる資格
  • ●公認心理師受験資格(大学院修了後または、所定の実務経験従事後)●臨床心理士受験資格(大学院修了後)●カウンセリング実務士●認定心理士●レクリエーションインストラクター●学芸員●児童指導員任用資格●社会福祉主事任用資格
  • 主な進路
  • ●公認心理師●臨床心理士●一般企業●大学・研究機関●福祉職●心理職公務員●大学院進学

概要

開設時期2020年4月 入学定員125名 取得学位学士(心理学) 学費初年度納入金 1,350,160円 ※研修、演習旅行、見学等の行事費用は別途徴収します。 入試方法AO入試、推薦入試、全学部統一入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試※入学試験に関しては、設置届出後に公表します。
  • オープンキャンパス情報
  • 目白大学のキャンパスライフ