歯科衛生学科

Department of Dental Hygiene

学科の特色

知識・技術と社会人基礎力が身につく
歯科衛生学科の学び

歯科衛生に関する専門知識や技術を基礎からを身につけるとともに、社会人として求められる幅広いスキルを磨いていきます。3年間での段階的な学びを通して、歯科衛生士として活躍するための土台を築きます。

1.社会人基礎力が身につく教養・マナー科目が充実

目白短大では、全員が履修する「基礎教育科目」の中に教養やマナー教育の科目を設置。歯科衛生士としての専門性に加えて、将来患者さんと接する上で欠かせないコミュニケーションスキルなどの社会人基礎力を養います。

Pick Up
ベーシックセミナー

ベーシックセミナー

3年間の学生生活を有意義に過ごすための、1年次の必修科目です。時間管理や学習習慣などの自己管理力、授業や課題に取り組むための情報活用能力と思考力を養います。共に学んでいくクラスメイトとの連帯感、将来の仕事へのモチベーションも高めていきます。

2.新設学科ならではの充実した施設・設備

「基礎歯科実習室」には1人1体のマネキンが用意され、繰り返し練習することで、歯科衛生の基礎となる技術を磨きます。「臨床歯科実習室」には歯科診療所と同様のチェアユニット(診療台)を完備し、患者・術者・補助者の3人1組で授業を行います。いずれも最新の設備が整った実習室で、卒業後すぐに生かせるスキルを身につけることができます。実習室フロアの中央にはコミュニティスペースを設け、自主学習や学生同士のディスカッションなどに使用できます。

3.23区内で唯一、総合大学に併設

併設する目白大学には、心理、福祉、保健医療、看護など、歯科衛生士に関連する分野の学科が設置されています。これらの学科教員による授業も実施され、多面的な知識を習得し、チーム医療についても学びます。

Pick Up
ベーシックセミナー

医療福祉連携活動論

歯科衛生士に今後ますますニーズが高まる高齢者への歯科医療に関して、多職種スタッフとの連携や協働などを学びます。医療・福祉系の多様な専門領域の教員によるオムニバス形式で授業を展開。幅広い視点と社会に貢献する力を養います。

4.豊富な学外実習先と、手厚いサポート体制

実習について

都心のクリニックから学校・介護施設まで、将来の可能性を広げる実習先を幅広く用意。学外実習は2年次秋学期からスタートし、生きた知識と技術を習得します。
実習の中心となる歯科診療所は、通いやすさも考慮し、自宅やキャンパスから近い場所に設定します。また、教員も実習先を巡回して学生の状況に応じた指導を実施。実習期間中の登校日には個別面談を行うなど学科全体でサポートします。

学外実習のスケジュール
実習スケジュール
実習先一例
  • 東京歯科大学水道橋病院
  • 昭和大学歯科病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 中野区公立小・中学校 など

※予定であり変更となる場合があります。