心理学研究科

臨床心理学専攻 修士課程

Master's Program in Clinical Psychology 新宿キャンパス

よくあるご質問

カリキュラムについて

平日18時30分以降の授業と土曜日の授業だけを受講して修了可能ですか?

講義・演習科目に関しては、夜間と土曜日に開講されている授業だけでも修了に必要な単位をほぼ修得することができます。
ただし、心理カウンセリングセンターでの相談や外部実習は、平日の日中に行われています(必修の実習科目)。したがって、社会人として入学を希望される場合は、職場の理解が不可欠であると考えられます。

他専攻の授業は受講可能ですか?
他専攻で開放されている科目は受講可能です。
ゼミを決めておく必要がありますか?
例年、4~5月に決定しています。人数が偏っている場合は調整をすることがあります。さまざまな専門分野を持った教員がいるので、選択肢は広く、複数候補を考えておくと良いかと思います。
大学図書館に心理学の研究を進めるうえでの利点はありますか?
サイコインフォという心理学の文献検索システムや、医療領域の文献検索システムが導入されています。また、毎年200~300万円規模の予算で心理学に関する新たな本の購入をしています。
修了後の進路について教えてください。
修了生の多くは修了直後の臨床心理士資格試験を受け、資格取得後はスクールカウンセラー、適応指導教室、児童相談所、児童養護施設、精神科、小児科、家庭裁判所の調査官、企業の産業カウンセラーなどとして活躍しています。詳しくは「修了後の進路」をご覧ください。
臨床心理士資格試験の受験に向けて、専攻として何かフォローはありますか?
修了生が自主的に集まって勉強会をしています。この際、教室を提供したり、そのための資料印刷などについては、大学施設を利用できます。
臨床心理士試験の合格率について教えてください。
臨床心理士資格試験は毎年10月に1次試験(筆記試験)が、11月に2次試験(口述面接試験)が行われます。本大学院では、2016年度修了生で受験した10名全員が合格しました(合格率100%)。

実習について

臨床心理学専攻における実習の目的について教えてください。

目白大学心理学研究科臨床心理学専攻で受験資格に必要な科目を履修することで、公認心理師・臨床心理士の2つの資格が取得できます。必要な科目の中の実習科目として、学内外での実習を行っています。また、修了後に心の専門家としての一定水準の基本的な知識と技術を有することも目的としています。
外部実習と内部実習のどちらも必修です。特に2年次においては、内部実習と外部実習を平日の日中に並行して行うため、日中の時間帯を空けていただく必要があります。

内部実習はどのように行うのですか?
学内における内部実習は、本学付属の相談機関である心理カウンセリングセンターにおいて、相談員の面接の陪席や教員の指導のもとで実際に面接を行います。それぞれの事例について、ケースカンファレンスや個人スーパーヴィジョンを通して、各教員よりその専門性に応じた指導を受け、心理面接などについて深く学ぶことになります。 詳しくは「実習について」をご覧ください。
心理カウンセリングセンターに来談される方の概要はどのようになっていますか?
子どもから成人までさまざまです。主訴も精神的疾患を抱えた方の相談から、発達障害の療育相談までと多岐にわたります。
外部実習はどのように行うのですか?

学外での外部実習は、臨床現場を体験し、その現場で心理職に求められる業務を知ることを目的として、医療、福祉、教育などの複数領域で行われます。長期と短期、また異なる領域での実習が義務づけられています。長期実習は6ヵ月以上で毎週1日程度(1年次秋より開始可)、短期実習は2ヵ月間で毎週1日程度、さらに病院精神科での実習が2日間(連続)あります(必修)。実習内容は施設の特徴により異なりますが、これまでに以下のような例があります。

医療:診察、カウンセリング、カンファレンスなどの陪席、デイケアや集団療法への参加、心理検査実施補助、など
福祉:療育活動の補助、児童養護施設・障害者施設での生活場面や治療場面への補助的参加、など
教育:適応指導教室での指導補助、学校内での児童生徒に対する支援活動、学校内相談活動の補助、など
詳しくは「実習について」をご覧ください。

入試について