心理学研究科

臨床心理学専攻 修士課程

Master's Program in Clinical Psychology 新宿キャンパス

実習について

臨床心理学専攻の実習について

目白大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻は、公認心理師・臨床心理士の受験資格取得に必要な実習科目を設けています。また、幅広い領域における心理臨床の知識や技術の修得も重視し、学内の心理カウンセリングセンター、学外の各種施設で短期および長期の実習を行っています。

学内実習

本学付属の相談機関である心理カウンセリングセンターにおいて、来談したケースに対し、インテーク(受理)の陪席や教員の指導の下で実際に面接を行います。それぞれの事例について、ケースカンファレンスや個人スーパーヴィジョンを通して各教員よりその専門性に応じた指導を受け、心理面接などについて深く学びます。
1年次から2年次にかけて、複数のケースのインテーク面接の陪席を行います。その後、教員の指導の下、継続ケースを担当することになります。そのため、日ごろから実践を通して知識と技術を身につけていきます。
本センターには子どもから成人まで、さまざまな方が来談され、主訴も精神疾患を抱えた方の相談から、発達障害の療育相談までと多岐にわたります。

  • 1年次7月~

    インテーク面接の陪席
    (全員が順番で複数回行います)

  • 1年次末~2年次末

    継続面接(ケース)担当を月曜~土曜の日中に行います。曜日、時間、面接間隔(毎週、隔週など)はケースによって異なります。

学外実習

学外での実習は、複数分野の臨床現場を体験し、各現場において心理職に求められる業務を知ることを目的に行われます。また、心の専門家を目指す上でのキャリア形成の第一段階として、実践的な知識・技能の修得へ繋げることができます。すべての実習生が公認心理師の5つの職域(保健医療、福祉、教育、産業・労働、司法・犯罪)のうち、異なる3領域の実習を体験します。このうち、1分野は長期実習、2分野は短期実習の形式をとり、実習先は精神科病院やクリニックのほか、児童自立支援施設や被害者支援機関、企業内の健康管理室や児童養護施設など多岐にわたっています。また、新宿区を中心に、近隣の教育委員会とも連携して実習を行っています。 実習内容は施設の特徴により異なります。実習は平日の日中に行います。

目白大学心理カウンセリングセンター

目白大学心理カウンセリングセンターは、大学の教育・研究機関でもあり、公認心理師・臨床心理士養成のための実習機関の役割も担っています。本センターでは、さまざまな心の悩みや心理的な問題でお困りの方の相談に応じています。スタッフは、本学心理カウンセリング学科や大学院心理学研究科の教員を主としています。

※完全プライバシー保護でカウンセリングします。相談内容が外部に漏れることはありません。