奨学金・その他の制度

奨学金

大学院に在学する優秀な学生で、経済的な理由により修学困難な者に対し、学業資金を貸与して教育の機会均等を図り、有能な人材を育成することを目的として、独立行政法人日本学生支援機構をはじめとする多くの公的団体や民間企業が各種の奨学金制度・研究助成制度を設けています。
※大学院生は本学独自の奨学金である桐和奨学金等を利用することはできません。

日本学生支援機構奨学金

独立行政法人日本学生支援機構(旧・日本育英会)が運営する奨学金制度です。返済時に利息の支払が不要となる第一種奨学金と、所定の利息とともに返済する第二種奨学金の2種類があります。いずれも、定期採用は原則として毎年春に行われます。この他、家計の急変(主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気若しくは死亡又は火災、風水害等の災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合には、緊急採用(第一種)・応急採用(第二種)を利用することができます。

区別 種別 返済利息の有無 貸与月額
修士課程 第一種 なし 50,000円または88,000円
第二種 あり 50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から希望する月額を選択
博士後期課程 第一種 なし 80,000円または122,000円
第二種 あり 50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から希望する月額を選択
「日本学生支援機構」サイトへ

国の教育ローン

株式会社日本政策金融公庫(旧・国民生活金融公庫)の「国の教育ローン」は、進学に関する家庭の経済的負担の軽減と教育の機会均等を図るため、入学費用を融資する公的融資制度です。
在学中はもちろん、入学前に融資を受けられるので、入学金の支払いのために利用することが可能です。入学時の費用は合格発表前に申込みができますので、志望校が決定したときに早めにお申込みください。

「日本政策金融公庫/教育一般貸付(国の教育ローン)」サイトへ

一般財団法人 守谷育英会

都内在学または在住の学生(高校・大学・短大・高専・大学院の在学生)で学業・人物とも優秀であって学資の支弁が困難な者に対して支給される奨学金です。返済の必要はありません。詳しくは担当部署、または守谷育英会まで直接お問い合わせください。

「守谷育英会」サイトへ

財団法人 本庄国際奨学財団

国際親善に理解を持ち、貢献を期する日本国内の大学院生に対して支給される奨学金です。他の奨学金との重複受給はできず、在学中のアルバイト等就労制限がありますが、返済の必要はありません。詳しくは担当部署、もしくは本庄国際奨学財団まで直接お問い合わせください。

「本庄国際奨学財団」サイトへ

奨学金に関するお問い合せ先

新宿キャンパス学生課 
TEL 03-5996-3123
国立埼玉病院キャンパス事務室 
TEL 048-260-7001

その他の制度

奨学金返還免除制度

日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けた学生で、在学中に特に優れた業績をあげた者と認定された場合、貸与期間終了時に貸与額の全額もしくは半額の返還が免除されます。本大学院では、例年数名の学生がこの制度を利用し、奨学金の返還を免除されています。

「日本学生支援機構(特に優れた業績による返還免除)」サイトへ