言語文化研究科

日本語・日本語教育専攻 修士課程

Master's Program in Japanese and Japanese Language Education 新宿キャンパス

カリキュラム

取得できる学位

修士(日本語学)

授業科目の概要(2016年度実施内容。2017年度には一部変更の可能性があります)

「研究科共通科目」「専攻科目 日本語学」「専攻科目 日本語教育学」「専攻科目 臨地研究」から科目を履修します。修了要件は30単位以上。

各科目の概要は科目名をクリックしてご確認ください。

★印は専修免許状取得該当科目。専修免許状を取得する場合は★の中から、必修(#印)4単位を含む24単位以上を履修すること。

研究科共通科目

研究科共通科目の中から、6単位以上履修すること。

科目名 単位数 配当年次
必修 選択
言語習得論   2 1・2
担当:相羽 千州子

第二言語習得に関する諸理論、学習者の傾向などに対する知識・理解を深める。特に外国語としての英語(または他の言語)習得・教授の問題点に焦点を当て、議論をしながら、より良い教授のあり方を考える。

語用論   2 1・2
担当:時本 真吾 (英語・英語教育専攻所属)

言語使用上の規則性を考察する語用論(Pragmatics)の最新知見を議論する。コミュニケーション総体における言語の位置、指示、発話文の意味と話者の意図、発話の丁寧さ、発話理解における推論の働きなどを学ぶ。

音声学特論★   2 1・2
担当:石原 健

さまざまな音声現象を先行研究の成果と併せて検証し、受講者それぞれが母語、もしくは専攻外国語のデータを分析し、言語音声の個別言語的な特徴と普遍的な性質を考察する。

対照言語学特論   2 1・2
担当:時本 真吾(英語・英語教育専攻所属)

日本語を対象言語の中心にして、英語・中国語・韓国語などを取り上げながら、言語の共通性と個別的特徴の理解を深め、言語教育の実際の場面に役立たせることを意図する。

言語統計論★   2 1・2
担当:時本 真吾 (英語・英語教育専攻所属)

実験を利用した言語研究に必要な計画法・測定法・統計解析の基本的な事項について理解し、言語学上のさまざまな問題に実験的に取り組む方法を考察する。

国際理解特論★   2 1・2
担当:多田 孝志

ユネスコの国際理解教育を中心に開発教育、海外子女教育など国際理解に関わる種々の論について概観し、そうした時代における国際理解とは何か、その概念構造について知見を得る。

異文化研究史論   2 1・2
担当:鐙屋 一 (中国・韓国言語文化専攻所属)

文化的社会的「他者性(otherness)」がいかに認知され、知的体系の中に組み込まれてきたか、既成の世界観の修正が求められてきたのかという観点から、異文化研究の歴史を考察する。

政治言語文化論   2 1・2
担当:中前 吾郎

19世紀以降、欧米列強国による植民地化の脅威にさらされてきたアジア諸国における「近代化」変容とその特徴を政治言語文化の観点から比較検討する。

日本民俗文学論★   2 1・2
担当:岩下 均

全ての文学作品は、作者という「個性」に基づくものと思われる。しかし、その作者を形成したものは「民俗・風土」であり、「家族関係・人間関係」であろう。この授業では、作品における「民俗論理」を解明し、「日本人」を考究する。

専攻科目

研究科共通科目(選択必修6単位以外)、および他専攻科目並びに他研究科の開放科目から、自由選択としての上限6単位を含め20単位以上選択必修。

日本語学
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
日本古典語史研究★   2 1・2
担当:金澤 裕之

古典としての中世の日本語に関して、「外からの目」としての外国人による日本語(の記述)資料を対象とし、それを丁寧に読み解きながら、当時の日本語の姿を明らかにしてゆく。

日本近代語史研究★   2 1・2
担当:金澤 裕之

近代以降の日本語に関して、「外からの目」としての外国人による日本語(の記述)資料を対象とし、それを丁寧に読み解きながら、当時の日本語の姿を明らかにしてゆく。

日本漢籍研究★   2 1・2
担当:陳 力衛

漢籍の日本における受容を問題にし、歴史的にその変遷を辿っていく。具体的には、語句の対訳などを通して当時の中国語と日本語との意味関係を確認し、さまざまな翻訳形態で日本文学に浸透させた経緯を整理する。

日本漢語研究★   2 1・2
担当:陳 力衛

漢字・漢語の問題を取り上げ、その歴史的な変遷を辿って現在に至るまでの姿を理解する。また、日本人の手によって作られた漢字・漢語を分析し、その傾向と特徴を把握する。

現代日本語文法研究★   2 1・2
担当:新野 直哉

狭い意味での「文法」にこだわらず、現代日本語をめぐるさまざまな問題・話題について考察。現実に社会で発生している日本語をめぐる動きに対応するため、授業では、新聞・雑誌など、生の資料を用いる。

現代日本語語彙研究★   2 1・2
担当:新野 直哉

狭い意味での「語彙」にこだわらず、現代日本語をめぐるさまざまな問題・話題について考察。現実に社会で発生している日本語をめぐる動きに対応するため、授業では、新聞・雑誌など、生の資料を用いる。

日本語教育学
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
中間言語研究★   2 1・2
担当:池田 広子

中間言語を学習者の自律的な言語体系と考え、学習者がどのような中間言語を作っていくのかについての知識、理論を考察する。日本語学習者のデータ(作文、日記、インタビューなど)を参考にしながらメカニズムの解明を目指す。

日本語学習支援研究★   2 1・2
担当:久保田 美子

日本語の学習を支援するためには、誰が、誰に、どこで、何を、何のために、どのように教えるのか、いわばそのコース全体について総合的に考える必要がある。コースデザインという枠組みの中で、日本語教育を捉えなおす。

教材開発研究★   2 1・2
担当:久保田 美子

日本語教材の分析の視点、方法について、第二言語習得理論、社会言語学、教育工学など、さまざまな分野の知見を取り入れつつ検討する。授業では、共同して簡単な教材開発を行い、その過程を振り返る機会も設ける。

海外日本語教育機関研究   2 1・2
担当:中村 祐理子

本授業では将来の職業選択として海外における日本語教育への従事も視野に入れ、日本語教育が盛んな地域や潜在需要のある地域の背景と現状と問題点を把握する。さらに、今後の学習環境、指導内容に対する貢献の可能性を探る。

言語教育比較研究★   2 1・2
担当:池田 広子

多言語多文化共生社会に必要とされる言語教育の文献を講読し、さまざまな考え方を比較・考察することで理解を深める。具体的には、年少者日本語教育、協働学習、成人学習、中国・韓国の日本語教育などを取り上げる。

授業法研究   2 1・2
担当:林 悦子

多くの日本語教育機関で使用されている『しんにほんごのきそ』や、英語圏で好まれるテキストを参考に、教師の立場を想定しながら、教案作成・教材準備・授業実践を試みることにより、日本語指導者としての指導技術を修得する。

臨地研究
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
臨地研究1(短期)★   2 1・2
担当:池田 広子/岩下 均/金澤 裕之/久保田 美子/石原 健/河野 秀樹

学生が自ら研究計画を立て、実地に臨み、研究を深め、研究論文に役立てる。事前に研究計画書を作成し、指導教員の助言と承認を得て実施する。短期は60 時間、長期は120 時間の研究期間を要する。

臨地研究2(長期)   4 1・2
担当:池田 広子/岩下 均/金澤 裕之/久保田 美子/石原 健/河野 秀樹

学生が自ら研究計画を立て、実地に臨み、研究を深め、研究論文に役立てる。事前に研究計画書を作成し、指導教員の助言と承認を得て実施する。短期は60 時間、長期は120 時間の研究期間を要する。

研究論文指導演習

科目名 単位数 配当年次
必修 選択
研究論文指導演習1 2   1・2

4名の担当教員により行われ、各自の研究課題に合わせて選択する必修科目である。

研究論文指導演習2 2   1・2

4名の担当教員により行われ、各自の研究課題に合わせて選択する必修科目である。

研究論文指導演習3   2 2

研究論文指導演習1・2に続き、修士論文の深化を目指す。

研究論文指導演習4   2 2

研究論文指導演習1・2に続き、修士論文の深化を目指す。