言語文化研究科

日本語・日本語教育専攻 修士課程

Master's Program in Japanese and Japanese Language Education 新宿キャンパス

学びのプロセス

本専攻は、高度な日本語運用能力や日本語教育能力の修得、日本言語文化や日本語教育の理論と実践を研究することを目指して、カリキュラムを構成しています。
修士論文作成については、自主的な研修や調査をもとに自身の研究テーマを深める「臨地研究」や、当該分野の論文を精読しつつ論文執筆の方法論を確立する「研究論文指導演習」によって、より実践に即した学術研究を進めて論文作成へと繋げていきます。これにより、日本語を国語として、および外国語としての両面から研究することが可能になります。

研究テーマに合わせて2つの専門分野から学ぶ

本専攻は「日本語学」と「日本語教育学」の2つの科目群(コース)において、専門的知識と学問的実践力を養うことを目的にカリキュラムを構成しています。「日本語学」の分野では日本言語文化研究および高度な日本語運用能力の育成を目的に、古典や近現代の日本語、漢語、漢籍などを学びます。「日本語教育学」の分野では日本語教育の古今の理論と実践の研究、および教育能力の育成を目的に、中間言語、教材開発など、日本語教育学の基幹となる科目から学んでいきます。
さらに言語文化研究科共通科目である「言語習得論」「語用論」「国際理解特論」などを学ぶことで、言語文化全般に関する理解を深められます。

  • 日本語学コース
    日本古典語史研究日本近代語史研究日本漢籍研究日本漢語研究現代日本語文法研究現代日本語語彙研究
  • 日本語教育学コース
    中間言語研究日本語学習支援研究教材開発研究海外日本語教育機関研究言語教育比較研究授業法研究
  • 言語文化研究科共通科目
    言語習得論語用論音声学特論対象言語学特論言語統計論国際理解特論異文化研究史論政治言語文化論日本民俗文学論
  • 臨地研究/短期・長期

    臨地研究には短期(60時間)と長期(120時間)があり、選択履修して学生自身が研修内容を企画し、実施します。実習終了後に臨地研究報告書を提出する必要があります。

修了後の進路

本専攻の修了生は、以下のような進路において活躍しています。

過去の進路例
[就職]
  • 自由ヶ丘学園高等学校(教諭)
  • 目白大学日本語教育センター(専任講師)
  • 国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科
    (准教授)
  • 志學館大学(専任講師)
  • 江戸カルチャーセンター日本語学校(教師)
  • 韓国・韓瑞大学校日本学科(専任講師)
  • 韓国・建陽大学校(専任講師)
  • 中国・武漢大学(専任講師)
  • 中国・集美大学(専任講師)
  • 中国・華東師範大学(日本語専門家教員)
  • チチハル大学(外事処担当)
[進学]
  • 麗澤大学大学院言語教育研究科博士課程

中学・高等学校専修教諭免許状について

本専攻にて一定の条件を満たすことで、中学校教諭専修免許状「国語」、高等学校教諭専修免許状「国語」が取得できます。

専修免許の取得について

中学校教諭専修免許状、高等学校教諭専修免許状は、日本語・日本語教育専攻への入学時点で一種免許状を保持している方が、「日本古典語史研究」「言語教育比較研究」など指定された科目および科目数を履修した場合に取得できます。
本専攻では一種免許状を持っていない方でも、修士課程在学中に目白大学の学部で開講する教職課程の授業を科目等履修生(教職履修生)として受講することで、専修免許状を取得することができます。
なお、一種免許状については、修士課程のどの専攻の大学院生でも、科目等履修生(教職履修生)の制度を利用することで取得を目指すことができます。

科目等履修生について

日本語教育インターンシップについて

目白大学は、目白研心中学・高等学校の姉妹校であるオーストラリアのオグルビー高校(Ogilvie High School)、サマビルハウス校(Somerville House)、タカプナグラマー校(Takapuna Grammar School)の合計3 高校との間で、日本語教育インターンに関する協定を結んでいます。日本語を母語とする学業成績優秀な日本語・日本語教育専攻の在学生および修了生は、この協定に基づき、日本語教育のインターン生として海外研修を行うことができます。原則として派遣期間は1年間、滞在中の基本的な生活費用については受入れ高校が負担します(タカプナグラマー校を除く)。

詳しくは日本語・日本語教育学科事務室[TEL.03-5996-3166]までお問い合わせください。