心理学研究科

現代心理学専攻 修士課程

Master's Program in Contemporary Psychology 新宿キャンパス

カリキュラム

取得できる学位

修士(心理学)

授業科目の概要(2018年度実施内容。2019年度には一部変更の可能性があります)

「現代心理学方法論」「現代心理学特論」「心理援助学特論」から科目を履修します。修了要件は30単位以上。

(*):臨床発達心理士受験資格取得のための指定科目。その他に臨床心理学専攻、生涯福祉研究科生涯福祉専攻の指定科目の履修が必要。
注 1)臨床心理学専攻の希望者は▲印のある科目を除く全科目を履修できる。なお、他研究科からは資格取得に関する場合に限って履修を認めることがある。
注 2)●印は2018年度は開講せず。

各科目の詳しい内容はこちら

現代心理学専攻(修士課程)の授業科目の概要
シラバス
現代心理学方法論
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
心理学研究・統計法演習(▲) 2   1
心理学研究法特論   2 1・2
調査研究・データ解析実習(▲)   2 1
アカデミック・スキルズ(▲)   2 1・2
現代心理学特論
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
心理学の歴史と理論(▲) 2   1
認知心理学特論   2 1・2
精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)   2 1・2
発達心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)(*)   2 1・2
言語発達特論(*)   2 1・2
非言語行動心理学特論   2 1・2
社会心理学特論 ●   2 1・2
メディア・コミュニケーション特論   2 1・2
法と心理学特論(*)   2 1・2
家族心理学特論(*)   2 1・2
産業組織心理学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)   2 1・2
スポーツ心理学特論   2 1・2
心理援助学特論
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
カウンセリング再入門 (▲) 2   1
カウンセリング実習I(▲)   1 1・2
カウンセリング実習Ⅱ(▲)   1 2
メンタルヘルス特論   2 1・2
産業カウンセリング特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)   2 1・2
キャリアコンサルティング特論   2 1・2
多文化心理援助学特論   2 1・2
被害者支援心理学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)   2 1・2
健康心理学特論(*)   2 1・2
言語発達の評価と支援(*)   2 1・2
心理援助学実習I(▲)   1 1・2
心理援助学実習Ⅱ(▲)   1 1・2
研究指導
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
現代心理学特別研究(▲) 4   2