心理学研究科

Psychology
新宿キャンパス

心理学研究科 専攻構成

目指せる資格

  • <現代心理学専攻>
    ・臨床発達心理士 ・シニア産業カウンセラー
  • <臨床心理学専攻>
    ・公認心理師 ・臨床心理士

研究科長メッセージ

心理学の専門家となるために

心理学研究科長 庄司 正実

心理学研究科は、専門職業人を目指す修士課程とさらに心理学を探究し研究者あるいは指導的心理専門職になるための博士後期課程からなっています。修士課程には現代心理学専攻と臨床心理学専攻の2つの専攻が配置されています。

現代心理学専攻では、心理学の幅広い領域での最新知識と科学的心理学の方法論を学び、また心理援助学の基本を修得できるようにカリキュラムが組み立てられています。興味のある領域やテーマに関しては、さらに深く学び、研究論文指導が実施され、自立した専門家としての基礎づくりがなされます。修得した専門性と、人や社会に関する豊かな教養に基づいて、他の専門職と協働して社会に貢献するマインドを身につけることを目指します。
臨床心理学専攻は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会により第1種指定大学院として指定され臨床心理士の養成を行うとともに、2018年度からは国家資格となった公認心理師受験資格が取得できるカリキュラム配置がなされています。さらに、心の専門家としての資格取得を目指すにあたっては、学内および学外の充実した実習を通して、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の各分野における社会的要請に応えるための確かな技術と豊かな人間性を備え、個人に対する臨床心理学的援助はもとより、地域社会への支援を柔軟に行える心の専門家となれるようにします。
博士後期課程では、修士課程を経ての専攻領域における研究および実践能力をより一層高め、学会発表および論文作成を重ね研究者および指導者として自立するためのトレーニングを行います。

現代社会における諸問題を心理学的方法論に基づいたアプローチによって探究し社会の発展および個人の心身の健康増進に寄与する目的意識の明確な方に、広く学びの機会を提供したいと考えています。