心理学研究科

臨床心理学専攻 修士課程

Master's Program in Clinical Psychology 新宿キャンパス

カリキュラム

取得できる学位

修士(心理学)

授業科目の概要(2018年度実施内容。2019年度には一部変更の可能性があります)

「臨床心理学基礎科目(必修)」「臨床心理学専門科目」から科目を履修。臨床心理士受験資格取得については、指定科目の履修が必要です。修了要件は30単位以上。

注 1)開放科目は、現代心理学専攻の希望者が履修できる科目。なお、他研究科からは資格取得に関する場合に限って履修を認めることがある。

注 2)◆は、公認心理師法第7条第1号および第2号に規定する「心理学その他の公認心理師となるために必要な科目(以下、必要な科目)」。1~10は必要な科目の分類を示す。なお、現代心理学専攻の以下の科目も必要な科目として認められる。
精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)◆1、発達心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)◆2、被害者支援心理学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)◆4、産業カウンセリング(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)◆5、産業組織心理学特論(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)◆5

注 3)★は、臨床心理士受験資格取得のための指定科目。A~Eはその領域の区分を示す。

<付記>
以下の現代心理学専攻の科目は、臨床心理士受験資格取得のための指定科目としても認められる。
心理学研究法特論★A、発達心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)★B、社会心理学特論★C、家族心理学特論★C、被害者支援心理学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)★C、精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開)★D、言語発達特論★D

各科目の詳しい内容はこちら

臨床心理学専攻(修士課程)の授業科目の概要
シラバス
臨床心理学基礎科目
科目名 公認
心理師
臨床
心理士
開放
科目
単位数 配当
年次
必修 選択
臨床心理学特論A 2 1
臨床心理学特論B 2 2
臨床心理面接特論A
(心理支援に関する理論と実践)
◆7 2 1
臨床心理面接特論B 2 1
臨床心理査定演習A
(心理的アセスメントに関する理論と実践)
◆6 2 1
臨床心理査定演習B 2 1
臨床心理学専門科目
科目名 公認
心理師
臨床
心理士
開放
科目
単位数 配当年次
必修 選択
臨床心理学研究法特論 ★A 2 1・2
臨床心理学統計法特論 ★A 2 1・2
人格心理学特論 ★B 2 1・2
犯罪心理学特論
(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
◆4 ★C 2 1・2
家族カウンセリング特論
(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
◆8 ★C 2 1・2
臨床心理法規・倫理特論 ★C 2 1・2
医療心理学特論
(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
◆1 ★D 2 1・2
発達障害臨床心理特論
(福祉分野に関する理論と支援の展開)
◆2 ★D 2 1・2
学校臨床心理学特論
(教育分野に関する理論と支援の展開)
◆3 2 1・2
心理教育特論
(心の健康教育に関する理論と支援の展開)
◆9 2 1・2
認知行動療法特論 ★E 2 1・2
臨床心理コミュニティ援助特論 ★E 2 1・2
臨床心理実習
科目名 公認
心理師
臨床
心理士
開放
科目
単位数 配当
年次
必修 選択
臨床心理基礎実習A 2 1
臨床心理基礎実習B
(心理実践実習1)
◆10 2 1
臨床心理基礎実習C
(心理実践実習2)
◆10 2 1
臨床心理実習Ⅰ
(心理実践実習3)
◆10 3 2
臨床心理実習Ⅱ(SV) 1 2
臨床心理実習Ⅲ
(心理実践実習4)
◆10 2 2
臨床心理実習Ⅳ
(心理実践実習5)
◆10 3 2
研究指導
科目名 単位数 配当年次
必修 選択
臨床心理学特別研究 4 2